接着修理に関する注意事項

ソールやアッパー接着修理の際には必ずこちらのページを参照の上、修理を依頼してください。

注意事項

 

  1. 手作業にて修理を行うため、数ミリほど接着剤の跡が残る場合があります。
  2. 接着作業の途中でソールに劣化が見られた場合は、接着が不可能となります。その際には別途お見積りをいたします。
  3. 一度剥がれてしまったものを接着しているため、接着後の強度は新品時よりも低下します。
  4. 使用している接着剤は熱で緩む場合があります。直射日光や照り返し、高温の室内などに注意してください。
  5. メッシュ素材やキャンバス素材、エナメル素材は性質上、接着力が弱くなる場合があります。

 

3ヶ月保証の対象外となる場合

 

  • 以前に市販の接着剤などにて接着をされている場合
  • ソールまたはアッパーに劣化が確認された状態で接着を依頼した場合
  • ソールまたはアッパーの特殊形状や素材により保証がつけられない場合