ガゼルのかかと修理アフター

アディダスの定番スニーカー修理についてのまとめ!

職人が解説するモデル別アディダス修理案内

アディダスの各モデル別にスニーカー修理についてまとめてみました。こちらのページを見ればアディダス定番スニーカー修理全体の80%以上の情報を得ることができます。

定番のスタンスミス

永遠の定番スニーカーと言っても良いスタンスミス。ショップコラボなどいろいろなタイプがあります。

アディダススニーカーのトラブルで困ってしまったらまずはこちらのまとめページを参照してください。スニーカー修理経験5年以上のベテラン修理職人が詳しく解説していきます。

自分の靴をすぐに見積もりたい場合には下記のページより無料見積をご利用ください。

お問い合わせ
無料お見積もり&問い合わせスニーカーアトランダムではメールでの無料お見積もりをご提案しています。いつでも、どちらからでも修理のお見積もりは無料です。本八幡店...

またアディダススニーカーのクリーニングについてはこちらから!

アディダスのスニーカーのクリーニングを検討しているならこちらのページを参考に
アディダスのスニーカークリーニングでお困りなら、まずはこちらのページから。ブランドスニーカーの修理経験豊富な修理職人がアディダスのスニーカーのクリーニングに...

注意点:

  1. 参考修理料金は当サイトの価格です。
  2. 参考納期に関しては修理内容、時期に
    によって大きく前後することがあります。

 

一番売れたスニーカー スタンスミス Stan Smith

スタンスミス人気はある一定の周期で繰り返すようです。2017年現在電車でも一番良く見かけるアディダスのスニーカーと言っても過言ではないのでしょうか?

そんなスタンスミスですが、流通量が半端ないので修理のご依頼も多いです。スタンスミス自体はパーツ数が少ない比較的故障しずらいスニーカーとなっています。それでも長く愛用していてソールなどがすり減ってしまった場合には、まずは修理を検討してみてください。

ソールのかかとが削れてしまった場合

スタンスミスのかかと削れかかと修理アフター

 

まずはスニーカーで定番のかかと補修です。スタンスミスのソールはカップソールとなっています。かかとのみが外れる仕様ではないので、斜めに減ったソールかかと部分をななめに補修します。

スタンスミスのソールはホワイトもしくはベージュっぽいホワイトになっています。どちらのタイプもかかとを斜めに補修する際には近い色にて補修可能です。かかと斜め補修のカラバリは全10色から選択できます。

  • かかと斜め補修 2500~3500円

 

新品購入時のソール補強も可能

ほぼ新品のソール部

ショップコラボ商品などのスタンスミスを長く愛用したい場合はリソールにてソールを全体的に補強します。写真の様に新品購入時にメンテするのがベスト。

アディダスショップで購入したスタンスミスなど、お気に入りで長く履きたいといった方は購入時にソールを補強することができます。

リソールアフター

リソールにてソール補強をしました。オリジナルのソールの上から補強するので、スニーカーの寿命が劇的に伸びます。

リソールアフターをサイドから

リソールのアフターをサイドから見たものです。写真のように修理後も見た目はほとんど変わりません。

購入時にリソール(ソール全体の補強)をすることで、スタンスミスをより長く愛用
することが可能です。やはりソールは消耗品ですので、長く履きたい方はこちらのメンテナンスをおすすめします。

  • リソール 7000~8000円

 

ソールサイドのステッチはほつれることもある

スタンスミスのソールはカップソールになっています。このソールはカップ状になっていてアッパーとソールのサイド部分で縫い付けられています。

スタンスミスのサイドステッチは少々変わっていて先端部から土踏まずに向けて、ソールの前半分のみのステッチになっています。このステッチ部分が切れてしまった場合もリステッチにて対応可能です。

  • リステッチ(サイドゴム部) 4000~5000円

 

林道といえばカントリー Country

当初はクロスカントリー向けに開発されたカントリー。街中で見かけることも多いです。カントリーに関しては実は修理が比較的しやすく、大抵の場合復元が可能です。やはりデッドストックのものの修理依頼がとても多くなっています。

カントリーはソールの接着

カントリーのアウトソール(一番下のゴムの部分)は剥がれにくくなっていますがミッドソール部分は剥がれることが多々あります。

そういった場合にはミッドソール部分を一度全部剥がしてから、再度接着します。スニーカー専用の接着剤にて修理するのでしっかりと修理可能です。

  • ソール再接着 3000~4500円

 

オススメのアウトソール交換

アウトソールの交換はあまりデザインを変更することなくできるのでおすすめです。カントリーの場合はオリジナルのソールをある程度残して、新しいものを取り付けます。色に関してもオリジナルのソール色に近いものにて交換可能です。

  • アウトソール交換 8000~9000円

 

履き口の部分が劣化してきたら

履き口の張替えはカントリーでオススメしたい修理の一つです。合皮の履き口部は長く履いていると
劣化して亀裂が入ったリ、破れたりしてきます。そういった際には履き口一帯をレザーにて張り替える修理が可能です。本革での修理なので、劣化することがありません。

  • 履き口の張り替え 6000~7000円

 

トゥーキャップスニーカー スーパースター Super Star

スーパースターは特殊な修理が多く対応してくれない修理店も多くなっています。当サイトで多い修理は下記となっています。

トゥーキャップ移植なども対応可能

古いタイプのスーパースターはトゥーキャップが劣化して割れてしまうことがあります。少々特殊な修理にはなりますが、トゥーキャップの移植での修理が可能です。リユース品での移植になるのでサイズによっては部品を用意できないこともあります。詳細についてはメールにてお問い合わせください。

  • トゥーキャップ移植 9000~12000円

 

ソール全体の黄ばみが気になる場合

スーパースターのソールは通常ホワイトが多いです。このソール部分は経年劣化によって黄ばんで来ることがあります。この黄ばみはスニーカークリーニングではほとんど落ちません。そういった場合は
ソールのリカラーがオススメです。

  • ソールリカラー 5000~7000円

 

ストリートで人気のキャンパス Campus

スウェードがいい味を出しているキャンパス。どういった修理が多いのでしょうか?

スウェードのメンテナンス

まずはスウェードのメンテナンスです。スウェードは色落ちをすることああり色補修には注意が必要です。

黒や茶色に関しては染色が可能です。それ以外の色に関しては染色が困難なものが多いので、色戻ししてスウェードの色を復元する修理となります。

  • スウェード染色 7000円~
  • スウェード色戻し 4000~5000円

 

ソールの剥がれ

デッドストックのキャンパスについてはソールの剥離も多くなっています。キャンパスのソールは劣化しづらい仕様になっているので、基本的に再接着での修理ができます。

  • ソール再接着 2500~4500円

 

以上アディダスの4モデルについての修理案内でした。上記以外の修理に関してももちろん対応可能です。随時ご相談ください。郵送もしくは来店での修理を承っています。来店での修理をご希望の場合には下記の店舗案内を参照の上ご来店ください。

スニーカー修理専門店舗のご案内
スニーカー年間修理実績2000足以上の専門店スニーカーの修理をしたい!と思っても修理の専門店は意外と少ないものです。実はスニーカーの修理は靴修理とは工程等が異な...

当サイトでは全ての修理に無料の再修理保証をつけています。修理後3ヶ月以内の不具合に関してはすべて無料にて再修理致します。安心してご依頼ください。

スニーカー修理に関する問い合わせはこちらからどうぞ

2分で完了! 見積もりのみでもOK