スニーカーを長く愛用するために自宅で出来るお手入れにはどういったものがあるのでしょうか? こちらのページでは年間スニーカー修理&メンテナンス実績2000足以上のスニーカーアトランダム職人が、自宅で出来るスニーカーの手入れについてカテゴリーごとに詳しく解説していきます。 スニーカーの寿命を延ばすローテーション 愛用しているスニーカーは毎日同じものを履いていますか? スニーカーも人間と同様休日が必要です。1週間の中で2足以上をローテーションして履くと、スニーカー単体の寿命が伸びるのでおすすめです。 スニーカーマニアの方には履かずに観賞用として手元においておくコレクターも多いかもしれませんね。そういった場合には下記にて説明する保管方法を試してみてもらえるといいかもしれません。 雨の日のスニーカーお手入れ 雨が降りそうな朝にはスニーカーのお手入れが必須です。事前に簡単なお手入れをしておくだけで汚れ防止やアッパーの状態保全をすることが出来るのでおすすめです。 それではどういったメンテナンスをする必要があるのでしょうか?すでに実践している人も多いかもしれませんが、定期的な防水スプレーが簡単なお手入れとしてとても効果的です。 「防水スプレーって雨の日だけにすればいいのでは?」 と思われている方も多いのではないでしょうか?実は最近の防水スプレーはとても高性能で塗布することで防塵・防汚の効果も同時に得ることが出来るすぐれものです。 頻度としては通常時は2週間に1回程度、雨が多い時期には1週間に1回程度を目安に塗布してください。 また塗布する際には密度を高く塗布するのがコツです。表面がしっかりと濡れる程度スプレーしましょう。 おすすめの防水スプレーは当サイトでも使用しているリシューブネイターかコロニル社製がおすすめです。 加水分解を避ける保管方法 ウレタンや合皮が使用されているスニーカーにとって加水分解が一番の大敵です。ボロボロっと崩れてしまったスニーカーを泣く泣く諦めた経験をもっている方も多いのではないでしょうか。 そうならないためにどういった対策ができるのでしょうか? 比較的履く人におすすめの保管方法 「毎日は履かないけれども、月に1回程度は履くよ」といった人向けの保管方法です。加水分解は空気中の水分がソールのウレタンやアッパーの合皮と化学反応を起こすことによって進行します。 ですので加水分解する素材においては、その進行を完全にゼロにすることは出来ません。しかし加水分解の進行を遅くする方法はいくつかあります。 まず保管ですが湿気に気をつけてください。夏場は加水分解が進行しやすい時期なので特に注意しましょう。 また空気の循環がない場所での長期保存は避けてください。靴箱やシューズボックスにて保管する場合は1週間に1回は履いてあげるのがベターです。 それでも加水分解を起こしてしまったスニーカーは修理依頼を検討するのが無難です。 コレクターの方の保管方法 観賞用などであまり履くことがないスニーカーは保管に関してもシビアにする必要があります。 基本室内での保管になると思うので、保管の際には真空密閉のパックなどを使用するといいでしょう。 真空密閉の場合、湿度が含まれる空気にさらされることが少なくなるので加水分解防止に効果的です。 どういったクリーナーを使ったらいいのか? 「汚れが付着してしまった!」といったトラブルは結構日常的にありますね。そういった場合、毎回専門店にスニーカークリーニングに出しているとコスト的・時間的に結構無駄が出ていまいます。 そういった時におすすめなのが下記にて紹介する2通りのお手入れ方法です。どちらも自宅にてできる簡易クリーニングなのでなれてしまえば、それほど手間になりません。 リシューブネイターのシューワイプス 雨の日ってドロなどの汚れが付着しやすいですよね。自宅に帰ってきた時に簡単にかつしっかりと汚れを落とせる方法があります。 それがシューワイプスです。スニーカー用のウエットティッシュと考えてもらえれば話しが早いかもしれません。 特に普段から防水スプレーを使用している方などにおすすめのクリーナーです。 当店舗とサイトでも取扱があるので、ご利用の際にはお問い合わせください。 リシューブネイターはその他にもスニーカーメンテナンス用品をたくさんラインナップしています。詳しくは下記記事にて。 [blogcard url="http://sneaker-at-random.com/reshoevn8r/"] クリーナーならリシューブネイターもしくはジェイソンマーク 靴やスニーカー用のクリーナーって実に沢山の種類が発売されています。けれども実際にどれが一番使いやすくて汚れが落ちるのかは使用してみないとわからない場合が多いのではないでしょうか? 当サイトで実際に使用しておすすめするのはリシューブネイターとジェイソンマークのクリーナーです。この2つのブランドはスニーカー専用のクリーナーを開発しているので、洗浄力が他のメーカーと比べて高くなっています。 また両方共アメリカのブランドですが、環境にも優しいクリーナーなのも良いところです。 もちろん当サイトでも取り扱っていますのでお気軽のご利用ください。 スニーカー修理専門店にお任せしたいお手入れ 自宅にてお手入れ可能なスニーカートラブルも意外と多いですが、特殊なものについては専門店を利用してください。 実際にどういったお手入れは専門店に依頼したほうがいいのか、下記にまとめて見ましたので参考にしてみてください。 しっかりとクリーニングするなら専門店 長らくクリーニングしていないスニーカーやしみになってしまったスニーカーなどは専門店がおすすめです。 汚れやシミが沈殿してしまった場合には自宅での除去が困難なためです。 またルブタン、アトランティックスターズ、ジミーチュウなどのハイブランド系のレザースニーカーも自宅でのクリーニングはおすすめしていません。やはりハイブランドのスニーカーはローリスクな専門店に依頼するのが無難です。 フィリップモデルなどのレザーとナイロンのコンビ素材も気をつけてください。イタリアのスニーカーはレザーが色移りすることがあるので、専門店にクリーニングを依頼しましょう。 一般スニーカークリーニング 2500~3500円 レザースニーカークリーニング 3000~4000円 専門店のスニーカークリーニングについてより詳しい情報は下記の記事を参照してみてください。 [blogcard...

「スニーカーの色が薄くなってきた」 「くすんだレザースニーカーをキレイにしたい!」 といった場合に知っておきたいスニーカーの染色やリカラーについて紹介していきます。どの程度色が戻るのか?といった疑問から染色の料金まで経験豊富な職人が詳しく解説していきます。 どういった場合に染色を依頼したらいいのか? まずはどういった場合に染色を依頼すればいいのかについてです。スニーカーの色のトラブルは色々な種類がありますが、その中でも依頼が多いトラブルについて紹介します。 合皮アッパーの色が剥げてしまった場合 ナイキのエアジョーダン、エアフォースワンなどで特に多い修理依頼です。 スニーカーを履いているとどうしても擦れてしまった跡や傷が出来てしまいます。そういった場合、状態を緩和させるための染色がおすすめです。 深い傷に関しては染色後も凸凹が残ってしまいます。色が補色されることによって状態がだいぶ緩和されます。 合皮やレザー表面の色が擦れてしまっただけであれば染色にてほとんど目立たない状態まで復元が可能です。 ウレタンソールやラバーソールの塗料が劣化して剥がれている場合 「中古でスニーカーを購入したらソールの色が剥げていた」というトラブルは近年特に増えています。そういった場合にはソール染色にて対応するのがいいでしょう。 メルカリやヤフオクではやはりスニーカーの細かい状態までは確認出来ないので、こういったトラブルは今後も増えると思われます。 特にウレタンソールの塗装は剥がれることが多く、注意が必要です。塗装の劣化が見られる場合などは一度ソール染色を検討してみてもいいかもしれません。 ラバーソールが黄ばんできた場合 ヴァンズ、コンバースなどのカップソールタイプに多いのがソールの黄ばみです。部分的に黄ばんでしまったものから全体的に黄ばんでしまっているものまであります。 このラバーの黄ばみは汚れによるものではなく、ラバー素材の経年変化によるものです。ですのでスニーカークリーニングのみでは、ほとんどの場合で状態は緩和しません。 そういった場合におすすめなのがラバーソールの再塗装です。特に白いソールの黄ばみに有効なので、黄ばみが気になったら再塗装を検討しましょう。 染色できる素材と出来ない素材 どういった素材が染色できるのかも、修理に出す前に予め知っておきましょう。 ◯劣化している合皮・ラバー・ウレタン→出来ない 素材自体が劣化しているものは基本的に染色が困難です。ウレタンが劣化している場合にその上から塗装すると、早い段階で塗装がキレイに剥がれてしまいます。 また合皮に関しても劣化しているものは塗装の定着が悪いので、修理不可になる場合が多くなっています。 素材の劣化は素人の方は一見ではわからない場合も多いので、そういった場合には店舗来店にて染色を依頼するのがおすすめです。 ◯本革・合皮→出来る 当サイトにて一番多いのがレザー(本革)と合皮です。それぞれ異なる染色方法と溶剤にてしっかりと染色可能です。 ◯メッシュ・ナイロン→出来ない 当サイトではナイロン系のメッシュ・ナイロン生地は染色をお断りしています。 自宅での染色はリスクが高いので注意! 自宅にて染色したいといった場合にどういったリスクが有るのかについて解説します。 とりあえず履ければ良いスニーカーや安価なスニーカーは自宅でのDIY染色を試してもいいかもしれません。それ以外の大切なスニーカー、長く履きたいスニーカーなどは専門店に依頼するのが得策です。 色移りの危険 自宅での染色で一番怖いのがこの色移りです。色移りには2通りあります。 染色の段階で染色該当箇所以外の場所に色が移ってしまうことは実によくあるトラブルです。 別の場所にも色が入ってしまうとやはりみっともないので、作業する際には注意しましょう。 また染色後の履いている段階で、別のものに色が移ってしまうことがあります。これは染色後にコーティングしていないことが主な原因となっています。 素材によっては色が定着しない 素材によって溶剤を使い分けるのが染色のコツです。レザーや合皮など素材によっては色の定着が悪い場合もあるので、自宅での染色の際には注意しましょう。 特に色乗りが悪い場合には専門店に依頼するのが無難です。 専門店に依頼すると何が違うのか? 専門店のスニーカー染色はどのような特徴があるのでしょうか?当サイトの染色例を参照に紹介していきます。 全体染色の場合はクリーニングも同時に行う 染色の際には一度スニーカークリーニングを行います。これは表面に付いたホコリや油脂が染色の乗りを悪くするためです。 ですのでスニーカークリーニングを依頼するタイミングで染色も検討するとより安価に依頼することが可能です。 色合わせがしっかりと出来る 特殊な色を除いて染色の際にはオリジナルの色に合わせてカラーリングします。経験が豊富な職人が担当するので、安心です。 ナイキなどのスニーカーアッパーは単色のものが少なく、複色のものが多くなっています。こういったケースもキレイに染色出来るのでおすすめです。 スニーカー染色料金 気になる専門店での染色料金について見ていきましょう。特殊なカラーやデザイン以外は下記料金にて対応可能です。 染色は全体染色と部分染色に分かれます。 アッパー部分染色 4000~9000円 アッパー全体染色 8000~18000円 ソール部分染色 4000~9000円 ソール全体染色 8000~18000円 スニーカークリーニング 2500~4000円   染色を依頼する前に確認したいこと 専門店にスニーカー染色を依頼する前に下記のチェックリストを確認してください。後悔しないためにも事前の確認はとても重要です。 ソールが劣化していないか? ソールの劣化があると染色しても、すぐに塗装が剥がれてしまいます。そういったトラブルを避けるためにも前もって劣化しているかの確認をしましょう。 実際ソールが劣化しているかの判断は素人の方では困難な場合も多くなっています。そういった場合には職人にアドバイスを貰うのもいいかと思います。 アッパーが劣化していないか? 合皮に注意が必要なのが素材の劣化です。劣化している際には染色が出来ません。素材張替えなどのでの修理になるケースが多いですので注意しましょう。 どこの色のに合わせて染色するかを明確にする 意外と忘れがちなのが、色合わせです。全体的に退色しているスニーカーなどはどこの色に合わせるのかを前もって明確にしておいてください。 しっかりと職人に伝えることで、修理後のトラブルを避けることが出来ます。   その他のスニーカー染色やクリーニングでお困りの場合にはまずは無料のメール見積りにてご相談ください! スニーカークリーニングについてより詳しく知りたい場合は下記ページを参照してみてください。 [blogcard url="http://sneaker-at-random.com/sneaker-cleaning/"] 当サイトでは全ての修理に無料の再修理保証をつけています。修理後3ヶ月以内の不具合に関してはすべて無料にて再修理致します。安心してご依頼ください。 [action...

レザースニーカーが汚れてしまったり、色が擦れてしまった場合に便利なのがスニーカークリーニングサービスです。 どういった場合に専門店に依頼したほうがいいのかについて詳しく解説していきます。 また自宅にてクリーニングする際に気をつけたいことなどもまとめてみましたので、後悔しないためにも読んでおきましょう。 レザースニーカークリーニングの前知識 まずは知っておきたいレザースニーカークリーニングの前知識です。こちらの3つのポイントを知っておくだけで、クリーニング後のトラブルを避けることが出来ます。 合皮と本革を見分ける 皆さんは「合皮」と「本革」を見分けることが出来ますか? 近年の合皮は実に精巧に出来ているため、プロでも見分けがつかない場合があります。クリーニングの際には素材に合わせて洗浄する必要があるため、素材の見分けがとても重要になっています。 大切なスニーカーでどういった素材が使わられているのかわからない場合、専門店などにクリーニングを依頼するのがいいかもしれません。 レザーの色が退色している場合はクリーニング+染色! 「クリーニングしたのだけども、レザーの質感が元に戻っていない」 といった場合は意外と多いものです。これはレザーの汚れは取れたけれども、革の色落ちや退色が起こっているためです。 一定期間履いたレザースニーカーは革の色落ちが見られます。こういった場合に必要なので染色でのメンテナンスです。 クリーニングをすると全体的にきれいになった分、革の色落ちが目立ってしまうものです。気になる場合にはクリーニングと同時に染色を依頼しましょう。元の色に合わせて染色するので、キレイに修理可能です。 汚れやシミが付いたら早めにクリーニングを依頼 よく外出する方などはスニーカーもふとしたことでシミや汚れがつくことも多いかと思います。そういった場合にそのままにしておくと、シミや汚れが落としづらくなるので注意です。 できるだけ早めのクリーニングを心がけましょう。 スウェード素材は自宅でのクリーニングを避ける ニューバランス、アトランティックスターズ、フィリップモデルなどで多いのがスウェード素材。汚れや傷がが目立ちにくく、スニーカーのアッパー素材としてよく使用されます。 そんなスウェード素材ですがキレイにクリーニングする際には一定の経験が必要です。 自宅でのクリーニングの場合、作業後にカラカラに乾いてしまったり色が抜けてしまったりとトラブルの原因になりやすいです。スウェードは専門店とおぼえておきましょう。 自宅でのクリーニングの注意点やおすすめ商品 ブランド品ではないから安く、早く自宅でクリーニングしたいとう場合も多いかと思います。そういったケースにおすすめの商品と注意点についてまとめてみました。 自信がない場合にはやはり専門店にて依頼がおすすめです。それ以外の場合にはチャレンジしてみてもいいかもしれませんね。 自宅で作業する際の注意点 それでは絶対に避けたいクリーニング方法などの注意点についてです。 洗濯機は避ける コンビ素材はできるだけ水をつけない ハイブランドスニーカーは専門店にて依頼する あくまで自己責任にて作業を行う 万が一の際に諦めがつくスニーカーのみ自宅にて まれに洗濯機に直接入れて洗浄される方がいますが、できる限り避けてください。スニーカーの型崩れなどに繋がります。 メッシュ、ナイロン、レザーなどのコンビ素材は色移りすることがあるので、水をできるだけ使用しないほうが無難です。 自宅でのレザースニーカークリーニングは基本的にリスクが高いと想定しておくのが無難でしょう。 おすすめのスニーカークリーナー 自宅でのメンテナンスにおすすめのクリーナーの紹介です。こちらで紹介する2つの商品はレザースニーカーだけではなく、通常の合皮・ナイロンなどのスニーカーにも使用可能です。 ◯リシューブネイター 当サイトでの状況に応じて使用することのあるリシューブネイター。天然素材を主に使用しており、環境にも優しいのが嬉しいところです。 専用のブラシなどを使用すると更に使い勝手が良いです。 当サイトでも取扱があります。店頭&郵送にて購入が可能です。 ◯ジェイソンマーク こちらもアメリカのスニーカーケアブランド。色々なタイプのクリーナーを取り扱っています。最近では東急ハンズなどでも販売しています。 専門店でのレザースニーカークリーニング 当サイトでの作業サンプルを参照にレザースニーカーのクリーニングについて見ていきましょう。 自宅ではちょっと心配なハイブランドのレザースニーカーは専門店まで。 クリーニング作業方法 レザースニーカーのクリーニングはすべて職人の手洗いにて作業しています。 一度スニーカーの紐、インソールなどを外して専用の溶剤にて丁寧に洗っていきます。 クリーニング・染色参考料金 専門店でのクリーニング料金です。クリーニングや染色は経験豊富な専門店に依頼しましょう。 レザースニーカークリーニング 3000~4000円 クリーニング+部分染色 6000~9000円 クリーニング+全体染色 1万~15000円 またスニーカークリーニングについてより詳しく知りたい場合には下記ページを参照してみてください。 [blogcard url="http://sneaker-at-random.com/sneaker-cleaning/"]   当サイトでは全ての修理に無料の再修理保証をつけています。修理後3ヶ月以内の不具合に関してはすべて無料にて再修理致します。安心してご依頼ください。 [action...

「愛用のニューバランスの汚れが気になる」 「966のスニーカークリーニングをどこに依頼すればいいかわからない」 とお悩みの方はこちらのページを参照してみてください。自宅ではちょっと面倒なニューバランスのスニーカークリーニングについて、経験豊富な職人が詳しく解説していきます。 簡単そうで意外と難しいスニーカークリーニング。愛用しているスニーカーは専門店に依頼してください。専門店と自宅でのクリーニングの両方について解説しているので、予算に合わせて使い分けましょう。 またニューバランスの修理も同時に依頼したい!といった場合には下記のコラム参照の上、一緒に依頼することが可能です。 [blogcard url="http://sneaker-at-random.com/new-balance/"] 専門店でのニューバランスのスニーカークリーニング [caption...

「愛用のコンバースが汚れてきた」 「自宅でのスニーカークリーニングはちょと不安だな」 とお悩みの方はこちらのページを参照してみてください。自宅ではちょっと面倒なコンバースのスニーカークリーニングについて、経験豊富な職人が詳しく解説していきます。 簡単そうで意外と難しいスニーカークリーニング。愛用しているコンバースは専門店に依頼してください。 またコンバースの修理も同時に依頼したいといった場合には下記のコラム参照の上、一緒に依頼しましょう。 [blogcard url="http://sneaker-at-random.com/converse/"] コンバースの色々なクリーニング案内 それではコンバースのスニーカーではどういったクリーニングやメンテナンスが多いのか紹介していきます。 スニーカーの汚れだけでなく、色擦れなどにも対応可能です。 汚れてしまった場合はまずクリーニング [caption...

ソールやアッパー接着修理の際には必ずこちらのページを参照の上、修理を依頼してください。 注意事項   手作業にて修理を行うため、数ミリほど接着剤の跡が残る場合があります。 接着作業の途中でソールに劣化が見られた場合は、接着が不可能となります。その際には別途お見積りをいたします。 一度剥がれてしまったものを接着しているため、接着後の強度は新品時よりも低下します。 使用している接着剤は熱で緩む場合があります。直射日光や照り返し、高温の室内などに注意してください。 メッシュ素材やキャンバス素材、エナメル素材は性質上、接着力が弱くなる場合があります。   3ヶ月保証の対象外となる場合   以前に市販の接着剤などにて接着をされている場合 ソールまたはアッパーに劣化が確認された状態で接着を依頼した場合 ソールまたはアッパーの特殊形状や素材により保証がつけられない場合  ...