当サイトでのおすすめしている日本のスニーカー ヨークの修理でお困りなら、まずはこちらのページを参照してみてください。どういった修理が可能なのか経験豊富な職人が解説していきます。 ヨーク(Yoak)は2015年に創業した若いシューズブランドです。「スニーカーと革靴の中間にあるような靴」をコンセプトに持つブランドです。 アッパー、ライニング、ソールに渡るすべての素材に国産品を使用しているまれなメーカーでもあります。 ヨークの極限までシンプルにしたデザインは存在感があり、他のシューズブランドにはない色気があります。 国産で長く履けるスニーカーを探している場合はまずはヨークを検討してみては如何でしょうか? そんなヨークのスニーカーを履かれている方は長く愛用するための修理とメンテナンスにも気をつけましょう。 ヨークのスニーカー修理案内 それでは当サイトの修理サンプルを参照にどういった修理が多いかについて紹介していきます。 特殊な修理に関しても対応していますので故障してしまった場合には一度相談ください。 ソール(靴底)の定番修理 ヨークのスニーカーは基本カップソールでアッパーとソールがしっかりと縫い付けてあります。ですのでソールが剥がれてしまうトラブルは少なくなっています。 一方でソールのすり減りには注意しましょう。頻繁に使用しているスニーカーはソールのすり減りも早くなっています。1年程度履いた時点で一度ソール修理を検討しましょう。 かかとのみのすり減りであればかかと補修にて、またソール全体のすり減りはリソールにて修理対応可能です。 かかと斜め補修 2500~3500円 リソール 7000~9000円   アッパーの修理とメンテナンス ヨークのアッパーは本革製となっています。レザーアッパーなので修理メンテナンス次第でとても長く愛用できるとおぼえておきましょう。 定期的にスニーカークリーニングをしてあげると良いレザーメンテナンスになります。シーズンオフなどに依頼するのがおすすめです。 また意外と知られてはいませんが、レザースニーカーは染色にて色を戻すことが可能です。色がスレてしまった場合などには染色を検討しましょう。 スニーカークリーニング 2500~3500円 アッパー染色 7000円~   その他ヨークのスニーカー修理でお困りの場合にはまずは無料のメール見積りにてご相談ください! 当サイトでは全ての修理に無料の再修理保証をつけています。修理後3ヶ月以内の不具合に関してはすべて無料にて再修理致します。安心してご依頼ください。 [action...

ポロラルフローレンのスニーカー修理を検討している場合にはこちらのページを参照してみてください。どういった修理が可能なのか?またどの程度料金がかかるのかなどについて紹介していきます。 シンプルなデザインが多いポロラルフローレンのスニーカー。愛用されている方も多いのではないでしょうか? 革靴などの修理と比べてスニーカーの修理は断られることも多くなっています。専門店であれば特殊なスニーカー修理も可能ですので、故障の際にはスニーカー修理専門店に修理を依頼しましょう。 ポロラルフローレンのスニーカー修理案内 それでは当サイトの修理サンプルを参照にどういった修理が多いのかについて紹介していきます。 購入店にて断られてしまった修理に関しても一度相談ください。 ソール関連で多い修理メニュー ポロラルフローレンスニーカーのソールはラバー製となっています。購入時には滑りにくいソールも、ある程度履いていると滑りやすくなってきます。 そういった場合にオススメなのがソール全体の補修やかかとのみの補修です。 かかと補修 2500~3500円 ソール全体補修 7000~9000円   黒や白などのシンプルなカラーが多いポロラルフローレン。スニーカークリーニング依頼も多くなっています。特にレザースニーカーはクリーニングがおすすめです。 スニーカークリーニング 2500~3500円   ラルフローレンの特殊なスニーカー修理 スニーカーで意外と多いのがサイズ調整です。サイズが大きい場合などはインソールで調整するのが一般的です。 スニーカーインソール 2000~3000円   キャンバス地やレザーなどのアッパーが傷んでしまった場合も相談ください。大抵の場合で修理が可能です。 アッパー破れの場合には通常ステッチを入れての補強修理となります。しっかりと強度を出すことができるので安心です。 アッパー補修 4000円~   その他ポロラルフローレンのスニーカー修理でお困りの場合にはまずは無料のメール見積りにてご相談ください! 当サイトでは全ての修理に無料の再修理保証をつけています。修理後3ヶ月以内の不具合に関してはすべて無料にて再修理致します。安心してご依頼ください。 [action full_width='no'...

カルフのスニーカー修理について詳しく解説していきます。どういった修理が多いのか?またどの程度料金がかかるのかなど、気になった場合にはまずはこちらのページからどうぞ。 カルフ(Karhu)はちょっとめずらしいフィンランド ヘルシンキ発のシューズブランドです。 ブランド名の「カルフ」は熊を意味しているそうです。 レトロな雰囲気が他のスニーカーにはない味を出しているのが特徴です。 一番人気は何と言ってもアルバトロス。スウェード部のカラバリが豊富なのが嬉しいレトロスニーカーです。 そんなカルフのスニーカーを長く愛用している場合には修理やメンテナンスについても予め知っておきましょう。カルフのスニーカーは修理次第でとても長く愛用できます。 カルフのスニーカー修理案内 それでは早速修理について紹介していきます。当サイトにて依頼の多い修理を中心に案内します。 購入店にて断られてしまった修理に関しても修理可能なケースが多いです。諦めずに見積りを依頼しましょう。 スニーカーで定番の修理メニューから まずはソールの修理です。スニーカーのソールは消耗品ですので定期的に補修しましょう。 ソールは削れている個所によって修理方法が異なります。かかとのみ削れている場合にはかかとの斜め補修にて対応しましょう。またソール全体がすり減っている場合にはリソールという修理方法がおすす めです。 どちらの修理方法でもオリジナルのイメージを損なうことなく修理可能です。 かかと補修 2500~3500円 リソール 7000~9000円   アルバトロスでオススメの修理 スウェードアッパーのアルバトロスは定期的なスニーカークリーニングをすることでキレイな状態を保つことが出来ます。 アルバトロスはスウェードとメッシュのコンビスニーカーとなっています。コンビスニーカーはご自宅でのメンテが困難ですのでメンテナンスは専門店に依頼するのが得策です。 スニーカークリーニング 2500~3500円   またソールが剥がれてしまった!といった場合にも問題なく修理可能です。 ソールが劣化しにくいアルバトロスは再接着にてしっかりと修理が可能です。 ソール再接着 両足 2500~4500円   その他カルフのスニーカー修理でお困りの場合にはまずは無料のメール見積りにてご相談ください! 当サイトでは全ての修理に無料の再修理保証をつけています。修理後3ヶ月以内の不具合に関してはすべて無料にて再修理致します。安心してご依頼ください。 [action full_width='no'...

ポニーのスニーカー修理とメンテナンスについて経験豊富な修理職人が解説していきます。スニーカーが故障して困っている場合にはまずはこちらのページを参照してみてください。 ポニー(Pony)は1972年にアメリカにて創業したシューズブランドです。 定番ラインはトップスターなどは楽天市場などでも購入が可能です。 ポニーのスニーカーはリーズナブルなモデルが多いですが、お気に入りのモデルは修理して長く愛用するのがオススメです。 ポニーのスニーカー修理について それでは当サイトの修理例を参考にどういった修理が多いのかについて紹介していきます。 スニーカーの修理はポニーに限らず断られることも多くなっています。そういった場合にも諦めずに専門店に見積りを依頼しましょう。 まずは定番の修理メニュー ポニーのスニーカーはソールがフラットかつカップ型のカップソールが多くなっています。 カップソールはソール剥がれを起こすことが少ないですが、かかとのすり減りに注意が必要です。 1年程度履いていてかかとがすり減ってきた場合にはかかと補修を検討しましょう。斜めに補修するのでそれ程イメージを変更することなく修理できます。 かかと斜め補修 2500~3500円   またスニーカーの汚れが気になる場合スニーカークリーニングにて対処しましょう。職人が手作業にて洗浄するので内部までキレイにすることが出来ます。 スニーカークリーニング 2500~4000円   特殊なスニーカー修理 シンプルなデザインが多いポニーのスニーカーは比較的修理がしやすい部類に入ります。 特殊な修理の一つにアッパーの破れがあります。通常の修理店では対応してくれないことが多いので注意しましょう。 アッパーの破れは補強とステッチにて修理することが出来ます。ステッチを入れるため、多少見た目は変更になりますがしっかりと強度を出すことが可能です。 アッパー破れ補修 4000円~   その他ポニーのスニーカー修理でお困りの場合にはまずは無料のメール見積りにてご相談ください! 当サイトでは全ての修理に無料の再修理保証をつけています。修理後3ヶ月以内の不具合に関してはすべて無料にて再修理致します。安心してご依頼ください。 [action full_width='no'...

ヴィンスのスニーカーやシューズ修理でお困りならまずはこちらのページを参照ください。環境にも優しいスニーカー修理について詳しく解説していきます。 ヴィンス(Vince)はニューヨーク発のファッションブランドです。 革靴やパンプス以外にもスニーカーラインナップは多くなっています。 ヴィンスに限らずスニーカーの修理は意外と知られてしませんが、実は色々な修理が可能です。 愛用のシューズが故障してしまった場合にはこちらのページを参照の上修理を検討してください。 ヴィンスのスニーカー修理案内 それでは当サイトの修理サンプルを参照にどういった修理が可能なのかについて紹介していきます。 メーカーにて断られてしまった修理に関しても一度相談ください。 スニーカーで定番の修理について まずは定番のスニーカー修理です。やはりソール関連の修理依頼が多くなっています。 かかと部がすり減って、歩きづらくなってきたらかかとの斜め補修にて修理しましょう。修理痕はそれ程目立たないので、オススメの修理です。 かかと斜め補修 2500~3500円   ヴィンスオリジナルのソールはカップソールの白が多くなっています。長く愛用しているとカップソールのサイドが汚れてきます。そういったケースにはソール染色などがおすすめです。 ソール染色 5000~6000円   またレザーアッパーが汚れてきたらスニーカークリーニングにて対応しましょう。 スニーカークリーニング 3000~4000円   スニーカーのクリーニングはご自宅にて試みる方も多いですが、トラブルが多いので注意しましょう。色移りなどの可能性が高いスニーカーに関しては専門店に依頼するのが安心です。 ヴィンスで可能な特殊なスニーカー修理 ヴィンスのミッドカットスニーカーはファスナーが付いているタイプが多くなっています。 このファスナー部が故障してしまった場合にはファスナー交換等にて対応可能です。 ファスナー交換 半足 6000~7000円 スライダー交換 1ヶ所 3000~4000円   また意外と多いアッパーの傷みに関しても修理対応可能です。通常傷んでいる個所を補強してからステッチを入れる方法にて修理します。 アッパー破れ補修 5000円~   その他ヴィンスのスニーカー修理でお困りの場合にはまずは無料のメール見積りにてご相談ください! 当サイトでは全ての修理に無料の再修理保証をつけています。修理後3ヶ月以内の不具合に関してはすべて無料にて再修理致します。安心してご依頼ください。 [action full_width='no'...