白いスニーカーのクリーニングを検討しているなら、まずはこちらのページから。日本で唯一のスニーカー修理専門店がスニーカークリーニングについて詳しく解説していきます。 白いスニーカーは各ブランドから発売されています。 シンプルで合わせやすい白いスニーカーはファッションの定番です。 新しい時は真っ白できれいなのですが、履いているうちにうっすら汚れてきます。 もちろんセルフクリーニングに挑戦するのもアリですが、素材や、デザインなどによっては 真っ白にならない 色うつりしてしまった ソールが黄ばんでしまった ということにもなりかねません! 白いスニーカーは何時でも白いまま履いていたい!といった場合、専門店でのクリーニングをおすすめしています。 また、クリーニングと同時にスニーカーの修理を依頼することも可能ですので、併せて検討してみましょう。 それでは当店にもメールでのご相談やクリーニングのご依頼の多い白いスニーカーのクリーニングについてご案内いたしましょう。 白いスニーカーのソールの黄ばみ お問い合わせが特に多いのが、ソールの黄ばみです。 セルフクリーニングで、使用する洗剤が素材に適合していない場合なども黄ばんでしまう場合があるようです。 また、紫外線の影響など様々な要因が重なり、黄ばんでしまいます。 ソール黄ばみはクリーニング+黄ばみ取りにてきれいに落とすことが出来ます。 ソール黄ばみ取り(クリーニング込)5,000~6,000円   [caption id="attachment_19198"...

ナノ・ユニバースでお取り扱いのあるスニーカー修理でお困りなら、まずはこちらのページから。日本で唯一のスニーカー修理専門店が修理について詳しく解説していきます。 ナノ・ユニバース(nano・universe)は、1990年に東京・渋谷で創業したセレクトショップ、およびそのオリジナル ブランドです。当初はメンズラインのみでしたがその後レディースラインも展開し、現在では日本国内に多数店舗展開しています。 ナノ・ユニバースではオリジナルのスニーカーのほか、VANS、PUMA、REEBOK、asics...

「カカトがすり減ってしまった」 「どういったメンテナンスが可能なの?」 といった場合にはまずはこちらのページから。靴修理のプロが詳しく解説していきます。修理するかどうか悩まれている方は参照してみてください! クロックス(crocs)は米コロラド州ボルダーでシンプルで履き心地の良いボートシューズのメーカーとして創立されました。独自に開発したクロスライト素材が使用されておいり足跡がつきにくく、ソフトで軽く快適な履き心地で、防臭効果まで兼ね備えています。 クロックスのスニーカーはどういった修理ができるの? クロックスの修理を依頼する際には当サイトのようなスニーカー修理専門店もしくは購入店に依頼しましょう。 クロックス 公式ホームページ [blogcard url="https://www.crocs.co.jp/on/demandware.store/Sites-crocs_jp-Site/ja_JP/Default-Start?adid=google_paid&gclid=Cj0KCQjwj_XpBRCCARIsAItJiuQn0prwvylfN0GpKkNfodEX3c4kRShSPL-LNI6XZUrUD2xXGVFRlm4aAlRjEALw_wcB"] 購入店では対応できない修理に関しては専門店に修理を依頼してください。特殊な修理にも対応できるのが特徴です。 それでは早速クロックスでおすすめの修理についてみていきましょう。 ソールの修理、補強 愛用しているスニーカーほどガッツリと履いてしまいがちです。履きすぎてしまってからよりも新品の状態でソールなどを補強するのが長く愛用するコツです。 当サイトでオススメするクロックスのスニーカー補強は2通り。ソールシールドとリソールです。 オリジナルソールの見た目を変えたくない場合にはソールシールド。多少見た目は変わってもいいけど長く愛用したい場合にはリソールがオススメ。 かかとのみの補修なども可能なので合わせて利用して見てください。 ソールシールド 4000~5000円 リソール 8000~1万円 かかとななめ補修 2500〜3500円   アッパーやソールの汚れはクリーニングにて クロックスは定期的なスニーカークリーニングがオススメです。歩行中にかいた大量の汗もクリーニングで洗い流すことができます。 スニーカークリーニングと同時のアッパー染色なども可能なので、随時相談してください。色擦れなどにも染色は有効です。 スニーカークリーニング 2000~2500円 アッパー染色 7000円~   その他クロックスのシューズの修理でお困りならスニーカー修理の専門店スニーカーアトランダムにご相談ください。上記以外の修理やクリーニング、カスタムなども承ります。まずは無料のメール見積もりにてご相談ください。 [action...

「カカトがすり減ってしまった」 「どういったメンテナンスが可能なの?」 といった場合にはまずはこちらのページから。靴修理のプロが詳しく解説していきます。修理するかどうか悩まれている方は参照してみてください! ネイティブ(native)は2009年カナダはバンクーバーで設立されました。軽くて環境に優しいEVA素材を使用しており、防水性や防臭性があります。 ネイティブのスニーカーはどういった修理ができるの? ネイティブの修理を依頼する際には当サイトのようなスニーカー修理専門店もしくは購入店に依頼しましょう。 ネイティブ 公式ホームページ [blogcard url="https://www.nativeshoes.com/"] 購入店では対応できない修理に関しては専門店に修理を依頼してください。特殊な修理にも対応できるのが特徴です。 それでは早速ネイティブでおすすめの修理についてみていきましょう。 ソールの修理、補強 愛用しているスニーカーほどガッツリと履いてしまいがちです。履きすぎてしまってからよりも新品の状態でソールなどを補強するのが長く愛用するコツです。 当サイトでオススメするネイティブのスニーカー補強は2通り。ソールシールドとリソールです。 オリジナルソールの見た目を変えたくない場合にはソールシールド。多少見た目は変わってもいいけど長く愛用したい場合にはリソールがオススメ。 かかとのみの補修なども可能なので合わせて利用して見てください。 ソールシールド 4000~5000円 リソール 8000~1万円 かかとななめ補修 2500〜3500円   アッパーやソールの汚れはクリーニングにて ネイティブは定期的なスニーカークリーニングがオススメです。歩行中にかいた大量の汗もクリーニングで洗い流すことができます。 スニーカークリーニングと同時のアッパー染色なども可能なので、随時相談してください。色擦れなどにも染色は有効です。 スニーカークリーニング 2000~2500円 アッパー染色 7000円~   その他ネイティブのシューズの修理でお困りならスニーカー修理の専門店スニーカーアトランダムにご相談ください。上記以外の修理やクリーニング、カスタムなども承ります。まずは無料のメール見積もりにてご相談ください。 [action...