愛用のスニーカーがはがれてしまった場合の対処方法や修理依頼方法などについて修理職人が詳しく説明していきます。 意外と知らないスニーカー剥がれの修理について、専門店に依頼する場合と自宅で修理する場合両方について詳しく見ていきましょう。 [caption id="attachment_16915"...

誰もが一度は経験したことのあるスニーカーのサイズのお悩みについてスニーカー修理職人が解説していきます。 ほおっておくと外反母趾などの足のトラブルにも通じるスニーカーのきつい!といったお悩み、とても多いのではないでしょうか?無理して履くよりも修理して履いて足の健康を保ちましょう。 まずはどういった素材の靴が伸びるのかもしくは伸びないのかについてです。 素材別この靴は伸びる?伸びない? スニーカーがきついといったトラブルは通常アッパー(靴のソールを除いた部分)を伸ば すことによって緩和されます。スニーカーのアッパーが伸びるのか伸びないのかは主に2 つの要因によって決められます。 アッパーの素材 ソールの形状   1のアッパーの素材がどういった場合に伸びるのかをまずは解説していきます。 アッパーが合皮の場合 合皮、つまりフェイクレザーです。本革ではないのが合皮です。最近の合皮は本革と見間違えるほどのものも多く、修理職人でも見分けがつかない場合もあります。 合皮のスニーカーがきついといった場合はある程度であればサイズを伸ばすことができます。この「ある程度」は靴にもよりますが0.5㎝程度が目安となります。(横、縦ともに) 感覚的にいつもの履き慣れた靴よりもややきついといった場合は合皮でも調整可能です。逆にかなりきついといった場合は緩和することは可能ですが、完全に履きやすく調整することは合皮の場合は困難な場合が多くなっています。 アッパーが本革の場合 それでは本革の場合はどうでしょうか?本革といっても下記のようにいろいろあり ます。 豚革 牛革 シープスキン オーストリッチ 爬虫類系   基本は哺乳類系の皮革は比較的伸びやすく、爬虫類系はあまり伸びないとおぼえておきましょう。スニーカーのアッパーが牛革などであればきついのを無理せず、早めに修理店に依頼するのがベストです。 ナイロンやテキスタイル 結論から言うとほとんど伸びません。しかし諦めないでください。ほかの方法で状態 を緩和できる可能性もあります。こちらに関しても修理店にて相談するのがベストです。 伸ばしにくいソールの形状 アッパーの素材が本革でも場合によってはきつい状態が緩和できない場合があります。 ソールの形状が「カップソール」の場合はアッパーを伸ばすのは非常に困難です。カップソールとは名前のごとくソールがカップ状(お椀型)になっているソールです。 ナイキだとエアーフォースワン、アディダスだとスタンスミスなどです。コンバースやヴァンズなどはほとんどがカップソールとなります。 このカップソールはアッパーをゴム製のソールで覆っているためアッパーの素材に関係なく伸ばすことが非常に困難です。 伸ばしやすいソールの形状は? それでは逆に伸ばしやすいソールの形状はどういった形状でしょうか? スニーカーブランドで伸ばしやすいのは実はニューバランスです。アッパーはメッシュが部分的に使用されていますが、主にスウェード系のレザー(本革)です。また重要なソールも「積み上げ型」でアッパーサイドがオープンになっています。(つまり横に伸ばしやすい) そのほかスニーカーがきつい!といった場合のお悩みは無料のメール見積もりをご利用ください。 当サイトでは全ての修理に無料の再修理保証をつけています。修理後3ヶ月以内の不具合に関してはすべて無料にて再修理致します。安心してご依頼ください。 [action full_width='no'...

最近はシュプリームとのコラボでも話題になったヴィトンのスニーカーと修理についてのご案内です。 ヴィトンのスニーカー修理に関する情報はネット上でもなかなか少ないので詳しく解説していきます。実際ヴィトンは近年スニーカーにかなり力を入れており、ラインナップも充実しています。メンズのスニーカータイプをリストアップしてみるだけでもいろいろあるのがわかります。 ローカットタイプ(ラインスニーカー) ハイカットタイプ ミュール ランニングシューズ サンダル ローファー タイプによって故障しやすい箇所や修理方法が異なります。ヴィトンのローカートスニーカーはカップソールが多いのでソール全体を補修するリソールが多いなどです。 修理依頼方法やメンテナンス それでは修理依頼方法についてスニーカー修理職人が解説していきます。 メーカーで修理依頼 購入店での修理見積もりは無料ですので相談してみてください。 修理の際の注意点は下記リストになります。 修理見積もりに2週間以上は通常かかる 並行輸入品はこ国内での保証が受けられない 場合が多い 購入証明書が必要な場合が多い 修理料金はヴィトンの場合とても高額になる スニーカーは修理自体が不可の場合が多い 修理を急いでない場合や修理予算に余裕がある場合はメーカー修理がベストです。 当店での修理依頼 ヴィトンの並行輸入品やメーカーでの修理を断られた場合はスニーカー修理専門店・スニーカーアトランダムでまず見積りを!受付は持込でも郵送でも可能です。 [blogcard url="http://sneaker-at-random.com/inquiry/"] 依頼の多い修理・料金 どういった不具合が多く、どのくらい修理料金がかかるのでしょうか。当サイトの修理内容を参考に紹介していきます。 ソールの修理 ヴィトンの通常の靴と同様にスニーカーに関してもソールは消耗品です。定期的に交換や補修をする必要があります。 [caption...

アルマーニのスニーカーと修理について アルマーニのスニーカー修理について 経験豊富な修理職人が解説していきます。 愛用しているアルマーニのスニーカーを 修理したいけれども、しっかりと対応 してくれる修理店が少ないと思われている 方も多いのではないでしょうか? 一般的なシューズや紳士靴などの修理店は 多いですが、スニーカーに関してはしっかりと 修理対応してくれる店舗が少ないのが 現状です。 アルマーニのスニーカーに関しても修理の 際にはスニーカー修理の技術がしっかりと している専門店を選ぶのが重要です。 それではアルマーニスニーカーの修理依頼方法や 参考料金については下記にて解説していきます。 アルマーニスニーカーの修理と料金について スニーカーの修理にはどういったものが あるのでしょうか?当サイトのアルマーニ 修理例をもとにスニーカー修理について ご案内していきます。 ソールやアッパーの汚れ 白や黒レザーアッパーが多いアルマーニ スニーカーは定期的なスニーカークリーニングを することで良い状態に保つことが可能です。 おすすめはシーズンエンドのクリーニングです。 靴箱にしまう前にしっかりと汚れを落としましょう。 スニーカークリーニング 2500~4000円 ソールの削れや傷み 実はスニーカーに関しても紳士靴と同様 ソールの修理が可能です。 かかとのみの修理からソール全体の 補修など、いろいろな修理方法があります。 通常スニーカーの状態に合わせて修理します。 かかと補修 2500~3500円 ソール全体補修 7000~9000円   アッパーの傷みなど レザーやナイロンのアッパー補修の 場合、修理方法は染色(リカラー)か レザーアタッチでの修理が一般的です。 レザーの色擦れが気になる場合の おすすめは部分染色です。 レザー部分染色 5000~8000円 逆にレザーが切れてしまった場合は レザー等の補強材をアタッチして ステッチを細かく入れる修理が可能です。 アッパー補修 4000円~ 当サイトでは全ての修理に無料の再修理 保証をつけています。修理後3ヶ月以内の 不具合に関してはすべて無料にて再修理 致します。安心してご依頼ください。   [action full_width='no'...

サンローランのスニーカーと修理について サンローランのスニーカー修理について 経験豊富な修理職人がご案内いたします。 ハイブランドの中でもレディースラインが 特に魅力的なのがサンローランのスニーカー です。 ポップなデザインながら細部にはとことん こだわっている商品ラインが多く、熱狂的な ファンも多いのではないでしょうか? スニーカーの仕様はレザーアッパー ラバーソールのものが一般的となっています。 また最近はアッパーにグリッターを装飾した ものも多くなっています。 ウィメンズはローカットモデルが多くなっており メンズはローカット、ハイカットともにラインナップは 充実しています。 サンローラン スニーカー修理に出す際の注意点 それではサンローランのスニーカー 修理はどこに依頼するのが一番 いいのでしょうか? サンローランに限らずハイブランド系の スニーカーは修理を受け付けてくれる店舗が 意外と少なく、不便に感じている方も 多いと思います。 保証書がある場合で購入後6か月未満の場合 サンローランの国内正規品で保証書が ある場合はまずは購入店に問い合わせて 見ることをお勧めしています。 購入後6か月未満の場合は初期不良の 可能性がありますので、まずは購入店にて 見積もりを依頼しましょう。 通常購入店での修理は高額になるケースが 多いですが、クオリティの高いサービスが 受けられることが多いです。 購入店にて修理を断られた場合など スニーカーに関してはメーカーでも 修理が困難な場合も多くあり、メーカー修理 を断られる場合もあります。 またサンローランスニーカーを並行輸入にて 購入した場合や海外旅行中に購入したもの などは国内での保障が受けられない場合が 多いです。 そういった場合は経験豊富なスニーカー修理 専門店に依頼するのが一般的です。 サンローランのスニーカー修理と参考価格 それでは一般的にサンローランの修理には どの程度の料金がかかるのでしょうか? 当サイトの修理依頼をもとに紹介して いきます。 ソールの修理 サンローランのソール(靴底)は 黒や白のシンプルなものが多いのが 特徴です。 おすすめは購入後すぐのリソール (靴底全体の補修)です。 当サイトではソールの色を多数用意しています ので、オリジナルに近い色にて補強修理 可能です。 リソール 9000~10000円 またかかとのみが削れてしまった場合は かかと補修が可能です。 かかとななめ補修 3000~4000円 サンローランのソール部分はゴールデン グーズのようにユーズド加工している モデルもあります。そういった場合は 修理後に周りの色に合わせて加工可能です。 アッパーの修理やメンテ サンローランなどのハイブランドの スニーカーはシンプルな色が多いので やはりよごれが目立ってしまうという 欠点があります。 そういった場合はスニーカークリー ニングをおすすめしています。 スニーカークリーニング 3000~5000円 当サイトでは全ての修理に無料の再修理 保証をつけています。修理後3ヶ月以内の 不具合に関してはすべて無料にて再修理 致します。安心してご依頼ください。   [action...