ナイキ エアージョーダンのソール再接着です。ジョーダンのソールは通常2層構造になっています。一番下のソール(写真を参照)をアウトソール、真ん中のソール部分をミッドソールと呼びます。ナイキ エアージョーダンは特にこのアウトソール部分が剥離しやすいです。しっかりと接着をするために、部分的に剥がれていても一度全体的に剥がしてからの再接着となります。     [action full_width='no'...

ナイキのソール再接着での修理です。こちらのスニーカーはミッドソールがアッパーに縫い付けてあるタイプですのでアウトソールのみの接着です。ミッドソールのアウターが革のタイプ。おそらく湿気でソールののりが劣化して剥がれてしまったと思われます。しっかりとした接着をご希望なら、修理専門のお店に頼むのが無難です。ご自分でのりを付けても、また剥離してしまう恐れがあります。 [action full_width='no'...

ビズビムのソール修理です。ソールが剥離してしまっています。ミッドソールには劣化が見られないので、再接着で修理ができます。ソールの接着は簡単そうですが、実はスニーカー修理の中でも難易度がかなり高い修理メニューです。スニーカーアトランダムはスニーカー再接着の修理実績多数ありますので、安心してお任せください。   [action full_width='no'...

アディダスのソールがはがれてしまったら アディダススニーカー修理でお困りですか?こちらの記事ではソールがはがれてしまった場合の修理依頼方法について解説していきます。 アディダスの修理例 とてもきれいに履かれているアディダスの修理です。 ご自分でクリーニングされたようで、ソールが剥離してしまっています。ほとんどのスニーカーは接着のみでついているものが多く雨・水分に弱い仕様になっています。 剥離してしまったらご自分で修理される前にスニーカーアトランダムにお任せください。 一度全体的に剥がしての修理しますのでしっかりと再接着できます。   アディダスのバッグや時計のメンテナンスについて アディダスのそのほかの商品の修理やメンテナンスをご希望の場合には姉妹サイトをご利用ください。 アディダスバッグの修理に関してはバッグ修理のスレッド&ニードルをご利用ください。 [action full_width='no'...

リーボックの再接着です。このタイプのスニーカーはミッドソールにカーボンを使用しているため、一度ソールが剥離してしまうと通常の修理屋さんでは修理が困難です。スニーカー専用のプライマーとのりを使用しないと、再度剥がれてしまいます。 一度全体的に分解してから、再度接着にて組み立てます。写真のソール部分真ん中に見えるのがカーボン部です。 [action full_width='no'...

あまり見ないシュプリーム別注のティンバーランドの修理です。写真で分かる通りソールが完全に劣化・剥離しています。おそらくもう手に入らないモデルと思われるので、修理して履くのが得策です。ウレタンソールは湿気等にとても弱いので、保管には気を付けてください。   オールソール材は2枚目のビブラム ガムライトにて交換します。近い色のソール材を希望とのことなので、こちらのソールとなります。   [action full_width='no'...