職人によるセリーヌのタイプ別シューズ&スニーカー修理案内

セリーヌのシューズ全般の修理まとめ!

セリーヌのパンプスやシューズの修理でお困りならこちらのページを参照ください。

靴・スニーカー修理の職人がセリーヌのシューズタイプ別に修理について詳しく説明していきます。

一般の修理店で断られることが多いスニーカーの修理などもほとんどが修理可能です。

セリーヌの修理で後悔しないためにもまずはこちらのページを一読ください!

パンプスはいろいろな修理ができる

シュッとした細身のスタイルが多いセリーヌのパンプス。特殊な修理も多々あります。

殆どのタイプがレザーアッパーでソールに関してもレザーが使用されているケースが多いです。

面白い形状のバレリーナパンプスなどセリーヌならではの可愛らしさがあるのがパンプスの特徴です。

パンプスの修理は主に一般的な修理が多くなっています。

  • ピンヒール交換 1200円
  • リフト交換 1500円

 

またかかとをやや低くしたいといった場合はヒールカットがおすすめです。1cm程度であれば、パンプスのバランスをそれほど崩さすにヒールを低くできます。

  • ヒールカット 2000円

 

パンプスで多いのがサイズ感のトラブルです。先端の部分がきつめといった場合はストレッチにて対応可能です。

レザーを伸ばすストレッチは革自体を伸ばすのでパンプスの形状が変わりますので注意が必要です。

  • レザーストレッチ 2500~3500円

 

フラットシューズ・バレーシューズ

主にヒールがないか、ほとんどないタイプのシューズです。バレーシューズやフラットシューズはアッパーが地面に近いので、アッパー関連の修理依頼が多いです。

フラットシューズ系でアッパーがソフトなレザーのものは色スレやレザーの切れに注意しましょう。色スレの場合はリカラーにて修理できます。

  • リカラー(部分) 5000円~
  • リカラー(全体) 8000円~

 

意外と多いのがバレーシューズのスタッズ外れです。通常最寄りのスタッズにて打ち直します。

  • スタッズ打ち直し 3000円~

 

ものすごく気に入っているバレーシューズを長く履きたい場合はハーフソールをおすすめしています。

特に新品の状態でハーフソールを貼ることでより長く愛用することができます。またバレーシューズのハーフソールには通常よりやや厚めの1.6mm厚以上のソールを取り付けることで地面にアッパーが擦れるトラブルを避けることができます。

  • ハーフソール(厚め) 2500~3000円

 

スニーカー

キャンバス地タイプが多いセリーヌのスニーカーは汚れに注意しましょう。ラバーソールやキャンバス地が汚れてきたらスニーカークリーニングがおすすめです。

購入時の状態に戻るわけではありませんが汚れを落とし、清潔な状態に戻します。

  • スニーカークリーニング 3500~4500円

 

スニーカーで多いのがソールのすり減りです。こちらに関しても新品の状態で補強することが可能です。

またある程度すり減った状態からのかかと補修やソール全体の補修(リソール)などいろいろな修理が可能です。

  • かかと斜め補修 3000~4000円
  • リソール 8000~1万円

 

ミュール・サンダル

ミュールやサンダルはきちんと修理してくれる店舗が少ないシューズジャンルになります。

セリーヌのサンダルは作りがシンプルではありますが、細かいところまでしっかりと作り込んであるのが特徴です。

修理の際にもディテールを可能な限り復元するのが腕の見せどころです。

サンダルで多い修理は何と言ってもストラップのトラブルです。ストラップが外れてしまったり、切れてしまった場合も修理が可能ですので、安心ください。

  • ストラップ再取付 4000円~
  • ストラップ補強取付 5000円~
  • ストラップ再作成 8000円~

 

インソールの汚れが気になる場合は交換がおすすめです。インソールに関してはセリーヌロゴの移植も可能です。

またイロバリも多数ありますので、オリジナルのカラーをほとんど変更することなく修理できます。

  • インソール交換(ロゴ移植込み) 3000円

 

さて職人によるセリーヌの修理の解説はいかがだったでしょうか?こちらのページで解決できなかった修理依頼についてはメールの簡易お見積よりご依頼ください。もちろんお見積は無料となります。

当サイトでは全ての修理に無料の再修理保証をつけています。修理後3ヶ月以内の不具合に関してはすべて無料にて再修理致します。安心してご依頼ください。

スニーカー修理に関する問い合わせはこちらからどうぞ

2分で完了! 見積もりのみでもOK