中古ゴールデングースをアンジェラスやバイオレットブライトで綺麗に!アドカラーとの比較も。

ある日ワットマンを覗いたところゴールデングースが売っていました。

ゴールデングース 中古

5580円(税抜き)!ソールが黄ばんでるような気がしますが目につくのはそれぐらいでしょうか。ついついこういう靴があると買ってしまいます。

ソールの黄ばみを見て、自分で履く分には「染色してしまうのが1番手っ取り早くないか」と思いましたが、うちの職人に黄ばみの取り方を教わったのでそれを試してみることにしました。DIYを考えてすべて自宅でやりました。

バイオレットブライトアマゾンでも売っているバイオレットブライトという溶剤(検索するとユーチューバーさんの使い方動画が出てきます)を塗りたくって蒸発しないようにラップでくるんでUVをしばらく当てる!アッパーがUVで痛まないようにアルミホイルで包むとありましたが、アッパーはスエードでそんなに痛まないだろうと踏んでそれはしませんでした。

バイオレットブライト UVUVライトもアマゾンで千円台で売っていたので買って、1日こんな感じ!でやってみたけれど、そこまでの白くなってない気がして、そもそも元々黄色っぽいソールだったという可能性も感じつつ、もう1回やってみたのですが、そこまで変わってないような。汚れは落ちて綺麗になってる感はありました。

リシューブネーター ランドリー

始めからすればよかったんですが洗濯を1度しようと、高円寺店に行ってこちらを自腹で買ってきました。リシューブネイターという名前で色々靴メンテナンス商品が出ていまして、スニーカーアトランダム高円寺店で取り扱っています。こちらの商品はスニーカー洗濯用の洗剤で、これで洗濯機で洗います。洗濯機の前にリシューブネイターアドバンスドクリーナーで洗浄するのがよいそうです。詳しくは次のリンクをご覧ください。

洗濯機を使用したスニーカーの洗い方をプロが詳しく解説!自宅でスニーカークリー...
最近はコインランドリーで洗える場所も増えてきたスニーカー。自宅で簡単に洗浄したいといった要望も多いのではないでしょうか?こちらのページでは自宅にて比較的かん...

洗ってまた片足をバイオレットブライトで放置しました。

リシューブネーター バイオレットブライト

上が洗ったあとバイオレットブライトをしたほう、下は洗濯までしたほうです。けっこう綺麗になってる気がします!がしかし真っ白にはなりません。のでここでホワイトニングは終了。

あれ?ここでゴールデングースのおかしさに気づきました。

ゴールデングース 大雑把修理をしてこうなった感じはありません。偽物という感じもありません。おそらく、この靴が作られていた時、大雑把にハンドメイドしていたのでしょう。今のはどうだかわかりませんが、味といえば味ですね。

ちなみにさっきの写真に写っていたハサミは

krinkのハサミ

当店で正規取扱しておりますkrinkのハサミです。普通のハサミより大きく洋裁ハサミより小さい。重厚感があってカッコいいです。欲しいかたはアメリカからの取り寄せになり、2週間~1か月ぐらいかかります。廃番になっていたら申し訳ありません。

アンジェラスではいよいよアンジェラスの登場です。写真に写っているのは

バイオレットブライト
アンジェラス各色
アンジェラスフィニッシャー:最後の仕上げに使う
アンジェラス 2-Soft:柔らかい生地に染み込ませるときに混ぜる
アンジェラス 2-Hard:固い素材に塗るときに混ぜる

アンジェラス ハケキャップにハケが付いてるので使いやすいですが、ちょっとしたときのみにして筆を使ったほうが塗りやすいです。アンジェラスの純正筆。

赤くしてみたかったので赤で。

アンジェラス 赤く塗装マスキングをして薄く塗ったらヒートガンを当ててまた塗っての繰り返しを3回ぐらい。ヒードガンも買いましたよ。当然かなり熱いので注意が必要です。火事や火傷はもちろんですが、靴のアッパーがダメになったり、接着面は熱で剥がれてしまいます。

マスキングテープをちゃんと貼らないと左下の写真のようになってしまいます。仕方ないので細い筆ではみ出さないように際を塗りました。筆は水洗いできます。

赤を塗り終えたらフィニッシャーという最後の仕上げの溶剤を塗りました。上手く塗れましたが、赤が合ってない気がします。ジャックパーセルのつま先も黒ですし黒に塗り直しましょう。

アンジェラス 黒で赤の上からでもちゃんと塗れました。片足をアンジェラスで塗ったので、もう片足はアドカラーで塗って違いを見てみよう。

アンジェラス対アドカラーアドカラーは革靴の補修剤用の絵の具で修理屋さんでも活躍しています。アンジェラスと同じくアクリル塗料です。

パレットを使わないといけないので面倒ですね。ちょっとだけ水と混ぜます。そういえばアンジェラスも上の方の製品の写真で写っている、柔らかい布地用の2-Softと固めのソールなどに使う2-Hardと混ぜて使えます。今回は何も混ぜませんでした。アドカラーにも混ぜて使えそうです。

赤の上からでもアドカラーが乗りました。

アンジェラスこぼした狭い部屋でやっていたらアンジェラスをこぼしていました・・・。水で綺麗になりました。

アンジェラス 黒アドカラーですが、なんか塗りにくい。けっこうはみ出したりして使いにくい。粘度の関係でしょうか。開けてそのまま使えるように考えられているアンジェラスと、自分で素材によって水などと混ぜるアドカラーとの差なのかもしれません。

フィニッシャーで仕上げた。うーんと、アドカラーも悪くない・・・。両足とも手で擦っても取れません。

ゴールデングース アンジェラスで塗る星やカカトのレザー部分の擦れも染色してしまおう。あ、まずい、アトランティックスターズと同じように発光するタイプの素材だったりして。どうやら違ったみたい。こちらも片足アドカラーで試しましたが、はじめ色が乗らなかったのですが塗って乾かしてでなんとか白くなりました。

スエード プロクトケアあとはアッパーのスエードです。写真では見にくいですが若干色落ちしている感じがします。スエードは色が落ちたのではなく油分がなくなってカラカラになっているだけかもしれません。ので保湿ができるコロニル オーガニックプロテクト&ケアをシュシュっとやって乾かします。いい具合になりました。

ゴールデングース ワッペンワッペン少し剥がれていたので縫います。

ゴールデングース リペア完成?やっぱりなんか違います。はじめに思った通りソールを白く塗装してしまいましょう。その前に束子でごしごし洗ってみることにしました。

アンジェラス 束子でさっき塗ったのと違うところにアンジェラスで塗ってフィニッシャーは塗らないで束子で擦ってみました。1番下の画像です。けっこう落ちてしまいました。フィニッシャーを塗った左上の画像は少しだけ落ちました。落ちているのはおそらくフィニッシャーがちゃんと塗れてなかったのかもしれません。ですのでフィニッシャーを抜かりなく、そして2度塗りするのがいいと思います。若干アドカラーのほうが落ちやすかった気もしますが、大きな差ではなかったと思います。

ゴールデングース アンジェラス バイオレットブライト アドカラー結局白く塗って終了。黒の上にも白が乗りました。カカトもDIYで修理してみる予定です。

アンジェラスとアドカラーを使って思ったこと

大きな違いは使いやすさでした。

アンジェラス:そのまま塗れるし、なんか使いやすい。配合しても作れない特殊なカラーもある。色が乗りやすい。

アドカラー:安いので気軽に色を作れる。基本的には革用。自分で水などで粘度等を作りあげる。

アンジェラスの購入

アンジェラスはこちらから購入できます。店頭ですとスニーカーアトランダム高円寺店にてたくさん売っております。

Angelus Paint Japan
Angelus Paint日本公式サイト。Angelus Paint Japanはアンジェラスペイントの正規取扱店です。スニーカー、Tシャツ、ジーンズカスタムに最適なアクリルペイントからレザ...