ホカオネオネ

ホカオネオネ(Hoka One One)のスニーカー修理案内

ホカオネオネのスニーカー修理でお困りならまずはこちらのページを参照ください。どういった修理が可能なのか経験豊富な職人が解説していきます。

ホカオネオネ(Hoka One One)は2017年に日本本格上陸したフットウェアブランドです。

特殊な形状ランニングシューズが有名で履きやすさに定評があります。

厚めのミッドソールが機能的な面とデザイン面での特徴となっています。

そんなホカオネオネが故障してしまった場合には修理を検討しましょう。特殊な形状が多いソールなのでスニーカーなどの修理専門店に依頼するのが一般的です。

ホカオネオネの修理について

それでは当サイトの修理例を参照にどういった修理が多いのかについて紹介していきます。

他店にて断られてしまった修理に関しても一度相談ください。

ソールが剥がれてしまった場合の修理方法

ホカオネオネのスニーカーで故障する可能性が高いのはアウトソール部分です。簡単に故障することはありませんが長く愛用している際にはソール剥離やソールのすり減りなどの症状が出ることがあります。

アウトソールが剥がれしまった際にはソールの再接着にて修理対応可能です。ソール劣化がなければ通常オリジナルのソールを再利用するので、見た目が大きく変わることはありません。

またかかとのみが消耗してしまった場合にはかかとの斜め補修などが可能です。かかとが部分的にすり減ってしまった場合などにはおすすめです。

  • アウトソール接着 両足 2500~5000円
  • かかと斜め補修 2500~3500円

 

実は修理可能なアッパーの補修

スニーカーやランニングシューズの修理で断られることが多いのがアッパーの破れ補修です。

簡単な破れから複雑な破れまで修理対応は可能です。修理の際には通常レザーなどで補強してからステッチを入れる修理となります。多少見た目が変更になるので注意しましょう。

  • アッパー補修 4000円~

 

ソールが劣化してしまった場合には

ホカオネオネのミッドソールはクッション性を高めるために、ウレタン仕様になっています。

この部分は長く愛用していると劣化することがありますので注意しましょう。

ミッドソール部が劣化してしまった場合にはオールソールにて修理対応可能です。ランニングシューズとしては再利用不可ですが街履きとして再度使用することが可能です。

  • オールソール 両足 13000~15000円

 

その他ホカオネオネのスニーカー修理でお困りの場合にはまずは無料のメール見積りにてご相談ください!

当サイトでは全ての修理に無料の再修理保証をつけています。修理後3ヶ月以内の不具合に関してはすべて無料にて再修理致します。安心してご依頼ください。

スニーカー修理に関する問い合わせはこちらからどうぞ

2分で完了! 見積もりのみでもOK