ユッタニューマンのサンダル修理でお困りなら

職人によるユッタニューマンのサンダル修理案内

ユッタニューマン(Jutta Neumann)のサンダル修理でお困りならこちらのページを参照ください。

実はサンダルはソールの張り替えだけではなくアッパー(サンダルのソールを除いた部分)の修理も可能です。

特にユッタニューマンはオーバーホール(全体的に分解すること)が可能な仕様になっているので、万が一アッパーが損傷してもほとんどが修理できます。

それではユッタニューマンのサンダルで多い修理について詳しく解説していきます。サンダルを長く愛用するためにもまずは修理とメンテナンスについて知っておきましょう。

ユッタニューマン以外のサンダルについては下記のコラムを参照ください。

 

ユッタニューマンのサンダルで多いメンテナンスや修理

定番の修理からマニアックなメンテナンスまで紹介していきます。

踏まず部

土踏まず部分のエグレが着用の際に快適さを生み出す。

鼻緒やサンダルストラップのサイズ調整

甲高の人や扁平足の人などサンダルのサイズがどうしても合わない場合はストラップを調整しましょう。

鼻緒の部分に関してもサイズダウン等が可能なのでご相談ください。

アリス(Alice)タイプのストラップは一度サンダルをある程度分解してから修理します。

サイズがきついといった場合はある程度まで伸ばすことができます。

  • サンダルストラップのサイズ調整 6000円~

 

またサンダルストラップの幅を狭くしたりするカスタムも可能です。こちらに関しても一度分解してからの作業となります。

  • ストラップカスタム 8000円~

 

ソールの張り替えやカスタム

サンダルの修理といえばソール(底の部分)ではないでしょうか?

ユッタニューマンのサンダルはビルケンシュトックと同様のものを使用しています。修理の際には同様のビルケンソールでの交換もしくはビブラム製ソールでの交換になります。

ソールの色、タイプ、仕様などはお客様のご希望に沿って選択可能です。

滑りにくくしたい場合や、すり減りにくいソールにしたい場合なども対応が可能です。

  • ソール張り替え(ビルケンタイプ) 8000円
  • ソール張替え(ビブラム) 9000円~

 

その他特殊なソールでのカスタムも可能です。

レザーの色補修やクリーニング

ソールの次はアッパーのメンテナンスです。

ユッタニューマンのサンダルは上質なレザーを使用しています。使い込むほどに足にフィットするのが特徴です。

長く履いているとレザーの色がすれたりすることがあります。そういった場合は染色での対応が可能です。

またサンダルのよごれが気になってきた場合にはクリーニングをしましょう。

  • 染色 7000円~
  • サンダルクリーニング 3500円~

 

修理できるサンダルのユッタニューマンについては定期的にメンテナンスするのがオススメです。修理をしてより長く愛用してください。

当サイトでは全ての修理に無料の再修理保証をつけています。修理後3ヶ月以内の不具合に関してはすべて無料にて再修理致します。安心してご依頼ください。

サンダル修理に関する問い合わせはこちらからどうぞ

2分で完了! 見積もりのみでもOK