K-Swiss(ケースイス) のスニーカー修理について

ケースイスのスニーカー修理案内

スポーティブなケースイス

スポーティブなタイプのケースイス。実は色々な修理ができます。

 

高品質テニスシューズからスタートした
アメリカのブランドがK-Swiss(ケースイス)です。

Dリングと5本のストライプが特徴的な
ブランドです。

ソールはカップソールになっていてサイド
の部分は全面アッパーと縫い付けてあります。
ソール、アッパーともにとても壊れにくい
シンプルな仕様になっているのがケースイスの
いいとこではないでしょうか?

そんなケースイスですが毎日使用していると
故障することもあります。そういった場合には
こちらのページを参照にして修理依頼を検討
してみてください。

ケースイスの修理と参考価格

それではケースイスの修理について
当サイトの修理サンプルを例に紹介して
いきます。

よくあるソールの修理

ケースイスのソールは殆どが
上質なラバーです。ウレタン等と違い
劣化や加水分解を起こしにくい素材と
なっています。

かかと部の消耗

かなり愛用されていたようで、かかとがかなりすり減っています。こういった状態からの修理ももちろん可能。

 

修理で多いのはソールのかかと部分が
斜めに削れてしまうことです。そのまま
履かれる方も多いですが、あまり足に
良いとは言えません。削れてすぎる前に
補修しましょう。

  • かかとの斜め補修 2500~3500円

またラバーソールの全面が減ってしまう
場合もあるかと思います。ソールが滑り
やすくなってきた場合はソール全体の
補修がおすすめです。

ケースイスの場合ははオリジナルの
カップソールの上から一枚ソールを
取り付けて補強します。ソールの色に
合わせるので、それほど遜色なく
修理が可能です。

  • リソール 7000~9000円

アッパーはどういった修理が可能か

ケースイスのアッパーの修理については
あまり知られていないかもしれません。
修理自体ができることを知らない方も
おおいのではないでしょうか?

Dカン、Dリングの補強や交換はケースイスで
比較的多い修理です。特によく運動する方や
たくさん歩く方などは注意です。

ケースイスで特徴的なDリング部分は
歩行時に特に力がかかります。長く使用して
いるとDリングを止めているレザー部分が
切れてしまうこともあります。

そういった場合は近い色のレザー等にて
補強修理します。

  • Dリング補強 3500~5000円

次に多いアッパー補修はリカラーです。
シンプルな色が多いケースイスの
アッパーはほとんどが本革でできています。

色が退色したりすれてしまっても補色が
可能です。部分もしくは全体補色にて
修理しましょう。

  • 部分補色 4000~6000円
  • 全体補色 7000~1万円

一部スウェード商品については染色が
困難なことも多いので、ご注意ください。

当サイトでは全ての修理に無料の再修理
保証をつけています。修理後3ヶ月以内の
不具合に関してはすべて無料にて再修理
致します。安心してご依頼ください。

 

スニーカー修理に関する問い合わせはこちらからどうぞ

2分で完了! 見積もりのみでもOK