ストロバーのレディースシューズ

ストロバー(Strober)の靴・スニーカー修理でお困りなら

ストロバーの靴やスニーカー修理でお困りですか?愛用のストロバーが故障してしまった場合にはこちらページを参照の上修理を検討しましょう。

ストロバー(Strober)は歩きやすい靴で有名なシューズブランドです。価格は4万円前後するものが多いので修理しながら履くのがおすすめです。

ストロバーのシューズは歩行の際に膝に負担がかかりにくいのでリピートで購入される方が多いのも特徴です。

MBTと同様にソールが平面ではなく曲線を描いています。これは歩行をサポートする効果があります。

そんなストロバーですが修理については余り知られていません。より長く愛用したい場合にはまずは下記を参照してみてください。

ストロバーの修理案内

それでは当サイトの修理サンプルを参考にどういった修理が多いのかについて紹介していきます。

ストロバーはメーカーでの修理も可能。オリジナルと同様のソールが良ければメーカーでの修理となります。

かかとのみ削れてしまった場合

ストロバーのシューズを2年前後履いていると、ソールのかかと部分がすり減ってきます。

かかと部後ろから

かかとの磨り減りを後ろから。このくらいの状態で修理に出すのがおすすめ。

サイドから

サイドからみた図

かかとのみ削れている場合専門店でのかかと補修にて修理対応可能です。

かかと部分を斜めに補修するので、修理後に違和感が残ることはありません。

  • かかと斜め補修 両足 2500~3500円

 

また補修材のイロバリも数種類の中から選択可能です。

マジックテープが弱ってきたら

ストロバーのシューズは着脱が簡単なマジックテープ(面テープ)がついているモデルがあります。

このマジックテープ部はある程度長く使用している場合、交換が必要になります。

当サイトではマジックテープ部の定期的な交換をおすすめしています。

  • マジックテープ交換 両足 4000~6000円

 

ウレタンソール劣化も修理可能

ウレタンを使用しているストロバー。あまり履かないで靴箱にしまって置くとソールが劣化します。

ウレタンソール

軽量なウレタンソールを使用している。劣化に注意。

ソールの劣化を防ぐためにも1ヶ月に1回は少なくとも履くのが正解です。

それでも劣化してしまった場合にはオールソールにてソール交換修理が可能です。

ソールを全体的に交換する修理になりますので、靴の仕様等が大きく変更になるので注意しましょう。

  • オールソール 両足 12000~15000円

 

その他ストロバーのスニーカーや靴修理でお困りの場合にはまずは無料のメール見積りにてご相談ください!

当サイトでは全ての修理に無料の再修理保証をつけています。修理後3ヶ月以内の不具合に関してはすべて無料にて再修理致します。安心してご依頼ください。

スニーカー修理に関する問い合わせはこちらからどうぞ

2分で完了! 見積もりのみでもOK