ウォーキングシューズの修理は出来るの?修理のプロが詳しく解説します!

ウォーキングシューズを長く愛用するにはどうしたらいいの?

かかとがすり減ってきたけど補修は出来るのでしょうか?

といった場合にはまずはこちらのページから。修理のプロがウォーキングシューズの修理とスニーカーメンテナンスについて詳しく解説していきます。修理するかどうか悩まれている方は参照してみてください!

 

ウォーキングシューズの基本的な修理&メンテナンス

現在では様々なメーカーからリリースされているウォーキングシューズですが修理についてはあまり知られていないのが現状です。ウォーキングシューズは修理やメンテナンスをしながら履くことで最良のコンディションを保つことが可能です。

それではやっておいたほうがいいスニーカー修理について詳しく見ていきましょう。

購入店などにて修理を断られてしまっても専門店ならほとんどの場合修理が可能です。諦めずにまずは無料見積もりを利用しましょう。

アッパーの破れ

主にメッシュ系や合皮アッパーが多いのがウォーキングシューズの特徴です。メッシュは歩行時の通気性がとても良いのが特徴です。一方で鋭いものに引っ掛けてしまった場合の耐久性は低いので注意が必要です。

メッシュや合皮が破れてしまった場合にはアッパー補修にて修理しましょう。見た目は多少変更になりますが、しっかりと強度を出すことが可能です。

 

  • アッパー破れ補修 4000円~

かかとやソール関連の修理

最近では健康のために毎日長く歩かれる方も多いですね。相棒のウォーキングシューズのメンテナンスも欠かさないようにしましょう。

長く歩けば歩くほどウォーキングシューズのソール(靴底)はすり減ってきます。すり減ったまま歩行していると足の健康によくありません。ソール全体の補修やかかとのみの補修を検討してみてください。

 

  • かかと補修 2500~3500円
  • ソール全体の補強 7000~9000円
  • ソール剥がれ補修 2000~4500円

 

汗汚れや色スレはクリーニング&染色にて

毎日歩行に使用しているウォーキングシューズは通常のスニーカーなどに比べて汗などの汚れがつきやすくなっています。特に靴の外側よりも内側に汗の成分が残りやすいので注意しましょう。

外部の汚れは見た目である程度わかりますが、内部の汗汚れなどは見た目ではわからないことが多いです。おすすめは毎年時期を決めてスニーカークリーニングに出したり、3ヶ月に1回などと決めて定期的にクリーニングすることです。

専門店では素材を問わず職人の手洗いと丸洗い両方にて洗浄します。ウォーキングシューズの内部と外部の汚れがきれいになるのでおすすめです。

またレザーのウォーキングシューズは色落ちや退色の補色も可能です。専門店ならではの修理を利用してみるのもいいかもしれません。

  • スニーカークリーニング 2000~2500円
  • アッパー染色 7,000円~

インソールの交換

汚れてしまったインソールは交換してしまいましょう。またサイズがやや大きいといった場合にはインソール(中敷き)の調整で対応できる場合があります。そういった場合にも相談してください。

インソールには実に色々なタイプがあるので、選ぶ際には専門店にて相談するのが安心でしょう。

  • インソール交換 2000~5000円

 

その他ウォーキングシューズの修理でお困りなら修理の専門店スニーカーアトランダムにご相談ください。上記以外の修理やクリーニング、カスタムなども承ります。まずは無料のメール見積もりにてご相談ください。

当サイトでは全ての修理に無料の再修理保証をつけています。修理後3ヶ月以内の不具合に関してはすべて無料にて再修理致します。安心してご依頼ください。

ウォーキングシューズ修理に関する問い合わせはこちらからどうぞ

2分で完了! 見積もりのみでもOK