ウォルシュのスニーカー修理専門店のご案内

walsh_logo

ウォルシュのスニーカー修理専門店のご案内

イギリス製のスニーカーといえば今とても
人気のあるウォルシュ(Walsh)です。

こちらのページでは意外と情報の少ない
ウォルシュスニーカーの修理について解説
していきます。

日本だと修理を受け付けてくれる店舗が
少なく困っている方も多いのではないでしょうか?

ウォルシュのスニーカーは修理メンテ
ナンスが比較的容易にできるようになって
いて、メンテナンス次第でとても長く
愛用することができます。

長く履いたお気に入りのウォルシュスニーカーを
捨ててしまう前にこちらの記事を参照
ください。

ウォルシュの歴史

ウォルシュのシューメイカーとしての
歴史は実に古く1940年台にまでさかのぼります。

始まりはアスリートのためのシューズの
製造メーカーでした。

スニーカーメーカーとして現在では珍しい
ハンドメイドのスニーカーを今も作り続けて
います。ウォルシュのスニーカー製造行程は
ウォルシュ公式サイトにて動画で見ることが
できます。

ウォルシュの修理について

それではウォルシュのスニーカーはどういった
修理が可能なのでしょうか。修理やメンテナンスの
カテゴリー別に解説していきます。

ソール(靴底)の修理

当サイトでも一番ご依頼が多いのがスニーカー
ソールの修理です。

スニーカーのソールは車でいうタイヤと
同じで定期的なメンテナンスが欠かせません。
長く愛用すれば当然ソールは摩耗していきます。

そういった場合はかかとの斜め補修もしくは
アウトソールの交換(リソール)での修理が
可能です。

ウォルシュのスニーカーはソールに
ビブラム社製のソールを使用している
ことが多いです。交換する際にもオリジナルに
近いタイプのビブラムソールにて交換が可能
です。

またかかとだけが削れてしまったという
場合はかかとの斜め補修がお勧めです。
比較的お安く修理ができます。

  • かかと斜め補修 2500~3500円
  • リソール 7000~9000円

ウォルシュのスニーカーだとあまり
ないですがミッドソール部分まで劣化して
しまった場合もオールソールにて修理が
可能です。

  • オールソール 12000~15000円

アッパーの修理

次にご依頼が多いのがアッパーの補修です。
レザーの部分が破れてしまったり、ステッチ
がほつれてしまった場合はこちらの修理に
なります。

また特殊なケースですがアッパーのスウェード
部分の張替も可能です。

  • アッパー破れ補修 3000~6000円
  • リステッチ 2000~4000円
  • アッパーレザー張替 7000~1万円

履き口の張替

ウォルシュでお勧めの修理が履き口の
張替です。意外と知られていませんが
履き口部分の張替は可能です。

当サイトではレザーでの交換を
お勧めしています。

  • 履き口の張替 6000円
    *特殊なタイプは別途見積もり

破れてしまった場合は張り替えることで
オリジナルよりも耐久性が高くなります。

アッパーのクリーニングや補色

アッパーがレザーのものは染色や
補色が可能です。またスウェードの部分
に関しても一部を除いて色戻しが可能です。

また定期的にスニーカークリーニングを
することで毎シーズンベストな状態で
履くことができるので、お勧めです。

  • アッパー染色 6000円~
  • スニーカークリーニング 2500~4000円

そのほかウォルシュスニーカー修理に
関するお問い合わせは無料のメール見積もりを
ご利用ください。

スニーカー修理に関する問い合わせはこちらからどうぞ

2分で完了! 見積もりのみでもOK