プーマ スニーカー 修理

プーマのソール接着は専門店へお任せください!

プーマ スニーカーのソールが剥がれてしまったら

ソールののりは長く使用していると劣化してはがれやすくなります。高い湿度や温度などにも弱いですので、保管の際には気を付けましょう。

それでもソールが剥がれてしまったら、スニーカー修理の専門店で修理をお勧めします。

一般の靴修理店では特殊なソール形状やスニーカーの接着に対応していないので、一度接着をしても、再度剥がれてしまう可能性が高いです。

またアロンアルファやエポキシ系の瞬間接着剤でのDIYはお勧めできません。

修理例

ソールののりが劣化して全体的に剥がれています。

こちらのプーマはソールが湾曲しているので、スニーカー専用ののりでないとしっかりとは接着ができません。

部分的に糊付けではまた別のところから剥がれることがあります。ですので、一度全体をはがしてからの再接着となります。

また靴底自体が摩耗している場合はオールソールでの修理が可能です。

ソールの剥離

自宅での接着方法の記事 ↓

こちらのサイトでは当社で販売している接着剤とプライマー等の商品説明と、プロの靴修理職人の実際にやっている接着修理方法!!を説明していきます。剥がれる原因や修...

クリーニングもオススメ

接着が剥がれて汚れてしまったプーマのスニーカーは同時にクリーニングがオススメです。

自宅では困難なクリーニングも専門店なら職人が手作業にて丁寧に仕上げます。

  • スニーカークリーニング 2500~3500円

スニーカークリーニング作業風景

 

接着以外の修理

「プーマのスニーカーのカカトがすり減ってしまった。」「どこで修理できるの?」など修理でお困りの方はこちらを参照してみてください!初期不良は購入店へ購入後1〜2...

スニーカー修理に関する問い合わせはこちらからどうぞ