ギャルソンのスニーカーについて ナイキやコンバースとのコラボスニーカーも 多いギャルソンのスニーカー修理について のご案内です。 毎シーズン人気のあるスニーカーをリリース しているギャルソンですが、愛用して履かれ る方も多いと思います。 特にナイキやシュプリームとのコラボ スニーカーに関してはもう手に入らない モデルも多く、メンテナンスが重要に なります。 お値段がはるスニーカーが多いので長く 履くためにもメンテナンスは欠かせません。 ギャルソンのスニーカーのほとんどが アッパーにキャンパス地、ソールはゴム系 の素材を使用しています。 また皮革素材をあまり使用していない モデルが多いのもギャルソンの特徴です。 ギャルソンのスニーカーを長く履くためには 愛用のギャルソンをできるだけ長く履きた ならいくつかポイントがあります。 スニーカーの一番の消耗パーツはなんと いってもソールです。つまりソールのメンテ ナンスが一番重要といっても過言では ありません。 ソールのメンテナンスでお勧めしている のが新品の状態でのリソールです。 [caption id="attachment_16010"...

ボンステップの修理でお困りなら 大塚製靴がプロディースするボンステッ プはウォーキングやエクササイズをする 女性にとても人気があります。 アッパーが本革のボンステップは足を 包むように保護します。履き心地がとても 良いので、一度足になじんでしまうとほかの 靴が履けないという方も多いと聞きます。 またウレタン素材のソールはとてもクッ ション性がよく長いウォーキングでも 足の負担を軽減します。 履きやすくてお気に入りのボンスステップ でも長く履いているとソールがすり減って きます。足になじんだ靴を捨ててしまうのは とてももったいないことです。 特にボンステップの靴はアッパーが本革 ですのでメンテナンスや修理次第で寿命が 2倍にも3倍にもなります。 またウォーキングをよくされる方は定期的な スニーカークリーニングをお勧めしています。 クリーニングすることで革本来のつやが戻り 栄養分がいきわたります。 ボンステップの修理について ボンステップのかかとがすり減ってしまったら 修理をしましょう。 かかとは通常外側が斜めに減ってきます。 ソールに劣化がみられない場合はかかとの 斜め修理が一番安価に修理できます。 また補修材もいろいろな色がありますので 見た目をあまり変えずに修理が出来ます。 [caption id="attachment_15913"...

ハイドロゲンのスニーカー修理について コアな人気があるハイドロゲンのスニーカー。 長く愛用されている方も多いのではないで しょうか? ハイドロゲンのスニーカーは定価で5万円 以上するものも多くのですが、しっかりと修理が できる修理屋さんはまれです。 アッパーは革、スウェードとナイロンのコンビ 素材が多いのがハイドロゲンの特徴です。 丈夫に作られているスニーカーが多く、ソール などの消耗する箇所の修理さえすればしっかりと 長く履くことができるのがハイドロゲン スニーカー のいいところといえるのではないでしょうか? ソールの形状はニューバランスタイプ(ミッド ソールとアウトソールがシンプルに重ね合わせ られ接着されているタイプ)が多く、修理の際 にもそれほどイメージが変わらないことが多いです。 ハイドロゲン修理サンプル ハイドロゲンの修理で一番多いのがソール 関連です。 一般的にソールは車のタイヤと同じで消耗品 です。定期的に交換しながら使用するのが 正解です。 [caption...

バンズ(Vans)スニーカー修理です。あまり見かけない紺のショートブーツ風スニーカーです。スポンジ素材のソールカカトが斜めに減ってしまっています。スポンジのソールは軽く、軽快で良いのですが、難点は減るのが早いことです。 今回お勧めする修理はかかとのななめ補修です。特にこういったスポンジ素材系のスニーカーはゴム系の補修材で斜めに補修することで、オリジナルの状態よりもソールが長持ちします。補修材の色バリエーションも約10種類から選べますので、デザインをあまり変えずに修理が可能です。 ソール前部分のヘリが気になる場合には、ハーフソールでの補修ができます。こちらの色バリも数種類から選べます。合わせて利用することで、スニーカーがより長持ちします。     当サイトでは全ての修理に無料の再修理 保証をつけています。修理後3ヶ月以内の 不具合に関してはすべて無料にて再修理 致します。安心してご依頼ください。   [action full_width='no'...

エコーの修理について 若い人から年配の方まで人気のエコーの修理のご案内です。 とても履き心地がよく足にフィットするので、長く履かれることが多いエコー。ある程度履きこんで、足にフィットしてきた時に気になるのが、ソールの減りや劣化です。 とても残念なことにメーカー修理の取り扱いが現在はありません。しかし心配はありません。スニーカーアトランダムではエコーの修理実績多数あります。 ソールは汎用品での修理になるのでオリジナルからデザインは変更になりますが、修理が可能です。 かかとのみの補修から靴底を全体的に交換するオールソールでの修理までご相談ください。 エコーのメンテナンスで気を付けたいこと エコーのソールは紳士ものも婦人ものもウレタン素材です。 ウレタンのソールは軽く、耐久性がありかつクッション性に優れていることから、ソール素材としてよく使用されます。 ウレタン素材の唯一の欠点が非常に劣化しやすいことです。保管状況によって早くて3年ほどで劣化し始めます。ウレタン素材の劣化を避けるためには湿気に気を付けることまた靴箱に長く保管せずに定期的に履いてあげることです。 それでも加水分解にて劣化してしまったら、オールソールでの修理を考えましょう。 エコー修理例 インソールの赤が特徴的なエコー レディースの修理です。 エコーはとても履き心地がよく、足のことを考えた靴を作っているので、愛用されている方も多いはずです。 1年ほど履いて、履き心地が良くなってきた時に気になってくるのが、カカトやソールの減りです。 エコーのソールは9割方一体式なので、修理できないとあきらめることが多いかもしれません。 こちらのエコー ECCOはかかと斜め補修とハーフソール(ソールの前半部分の補修)での修理です。 オリジナルのソールの上から補修するので、デザインをあまり変えずに修理が完了します。 郵送もしくは来店での修理が可能です。お気軽にお問い合わせください。   当サイトでは全ての修理に無料の再修理保証をつけています。修理後3ヶ月以内の不具合に関してはすべて無料にて再修理致します。安心してご依頼ください。 [action full_width='no'...