ドクターマーチンのレザーブーツ修理について

マーチン ロゴ

ドクターマーチンのレザーブーツ修理について

マーチンのバインダー部分

マーチンの履き口部分のバインダーは劣化することがあります。そういった場合はレザーでの張替えが可能です。

こちらのページでは人気のドクターマーチンの
修理について解説していきます。

女性にも男性にもファンが多いドクターマーチン
ですが公式サイトでは対応可能な範囲での
修理しか受け付けていません。
(2017年2月現在)

公式サイトで修理を断られたからといって
ソールが減ったり壊れてしまったら捨てるしかないと
思われている人も多いのではないでしょうか?

愛用のドクターマーチンを捨ててしまう前に
こちらのページを参照ください。

ドクターマーチンはどういった修理が可能なのか?

それではご依頼の多い順に修理について
案内していきます。

ヒール修理

やはり一番多いのがかかと部分のすり減り
です。マーチンのソールは耐久性がとても
高いですが、長く履いているとどうしても
すり減ってきます。

そういった場合はかかとの部分のみ
補修するのが一番安く、おすすめです。

汎用品での修理になります。オリジナルに
遜色のないソール材にて補修可能です。

マーチンのソールはヒール部分とソールが
一体式になっているため、オリジナルの
ヒール部分を削って新しいかかとを取り付けます。

  • かかと補修 両足 3000~4000円
  • 納期:14日間~

アッパー修理

意外と多いのがアッパー部分の修理です。

履き口部分の革補修からアッパーのほつれ
縫いまで一度ご相談ください。

  • 履き口の補修 6000円~
    *ブーツタイプは要見積もり
  • アッパーほつれ縫い 2000円~

オールソール

マーチンのソールは特殊な製法で作られて
おり、通常の修理店舗では修理が困難です。

当サイトではドクターマーチンのオールソール
修理も対応しています。

ソールのタイプは通常ビブラム製のソール
数タイプからお選びいただけます。

  • オールソール 18000円~
  • 納期: 30日間~

レザークリーニング&染色

アッパーがレザーのものは染色が
可能です。色がすれてしまったブーツ
などは染色をすることでとてもきれいな
状態まで復元できます。

  • レザークリーニング 4000円
  • 全体染色 8000円~

 

ドクターマーチンは本当に長く愛用されて
いる方が多いブーツです。修理ができると
いうことを知っているだけで、安心感が
違うのではないでしょうか?

これからもマーチンを長く履くためにも
定期的なメンテナンスを欠かさないように
しましょう。

修理やメンテナンスに関するご質問は
無料のメール見積もりをご利用ください。

ドクターマーチン修理に関する問い合わせはこちらからどうぞ

2分で完了! 見積もりのみでもOK