こちらのページではご自宅でスニーカーをクリーニングする際の注意点から依頼したい場合の料金等解説していきます。

スタンスミス クリーニング

スニーカークリーニングの料金

スニーカーアトランダムでのスニーカークリーニング参考料金です。店頭での簡単な磨きから預かりでのスニーカークリーニングまで対応可能です。

  • 一般(ローカット) 2750円
  • ハイカット 3300円
  • ハイブランド・ハイモデル 4,400円~
  • +部分染色 +3000円~
  • +全体染色 +5000円~
  • 黄ばみ取り 3300円
  • アグなどデリケート素材のクリーニング:7700円~

アグなどの起毛素材使用したスニーカーやブーツは色落ちやシミの原因になりますので注意が必要です。

またフィリップモデルやゴールデングース、アトランンティックスターズなどイタリア製のスニーカーに関してもレザーからナイロン生地への色移りが非常に多いので、全体の水洗いはできない可能性が高いです。

リシューブネイターを使用してクリーニング

当店はスニーカーメンテナンス専用用品を扱うリシューブネイターの洗剤を使ってクリーニングをしています。高円寺店にてリシューブネイターの販売も行っております。

Reshoevn8r ランドリー
https://atrandom.shop/collections/reshoevn8r/products/reshoevn8r-sld

スタンスミス手作業クリーニング参考動画

当店ではスニーカー素材や具合によって手作業か洗濯機も使うか変わってきます。こちらは手作業でクリーニングしていく参考動画です。

[embedyt] https://www.youtube.com/watch?v=7KYlcylUmcA[/embedyt]

染色をしたほうがいい場合

アッパー素材の退色、擦れ、傷などはクリーニングだけでは改善しないので染色をクリーニングと一緒にするととても綺麗になります。

染色は必要ない場合も、レザーの場合クリーニング後、革に栄養分や光沢を与える必要があります。革に栄養分を与えることで、ひび割れや履きシワなどを未然に防ぐことができます。

自宅でクリーニングしないほうがいいもの

特に多いトラブルは下記の通りです

  • コンビ素材の場合、レザーから生地への色移り
  • ソールとアッパーが剥離している
  • レザーのシミ
  • スウェードの退色・色落ちの原因になる

セルフでの注意点

クリーニングにもいろいろと作業方法がありますが、ご自宅で作業する際には水をあまり使用しない「レザーソープ」をおすすめしています。クリーニングのトラブルのほとんどがスニーカーを水にぬらすことで発生します

コインランドリーでの注意点

徐々に増えてきたコインランドリーでのスニーカークリーニング。スニーカー専用の機械を使用することで簡単にクリーニングすることが可能です。しかし注意点も多いので気をつけましょう。

  • レザーとナイロンなどのコンビ素材のものは色移りする可能性大
  • 細かい汚れについては落ちない場合が多い
  • 水シミや色シミなどができやすい
  • ブランドスニーカーには適していない

コインランドリーは学校で使用する室内履きやそれほど高価ではないスニーカーなどにて使用するのがいいでしょう。

当サイトでは全ての修理に無料の再修理保証をつけています。修理後3ヶ月以内の不具合に関してはすべて無料にて再修理致します。安心してご依頼ください。