サンダルマン(Sandal Man)の修理案内

職人が紹介するサンダルマン修理案内

サンダルの修理ってどこに出したらいいの?と言った疑問をお持ちの方はこちらのページを参照してみてください。修理職人がサンダルの修理について解説していきます。

実に堅牢な作りのサンダルマン。高価なサンダルですが、そのクッション性とは着心地のよさから愛用されている方も多いのではないでしょうか?

そんなサンダルマンですが、長く使用していると修理やメンテナンスが必要になってきます。

サンダルの修理はしっかりと対応してくれる店舗があまり多くはありません。こちらのページを参照の上、実績が豊富な店舗に依頼しましょう。

サンダルマンで多い修理やメンテナンス

それではサンダルマンではどういった修理依頼が多いのでしょうか?タイプ別に職人が解説していきます。

ソールの張り替え

サンダルマンのソール(靴底)は殆どのタイプがビルケンのスポンジ製ソール仕様になっています。

このビルケンソールはとても軽くていいのですが、やや削れやすくなっています。かかとが斜めに削れてしまったり、ソールが滑りやすくなってきたら早めの交換がお薦めです。

ビルケンソールでの張替えももちろん可能です。また削れにくいソールをご希望の場合はカスタムにて対応可能です。

  • ソール張り替え 6000~8000円
    *タイプによっては別途見積もり

 

鼻緒などのサイズ調整

鼻緒などの調整は専門店に依頼するのがベストです。通常一度ソールを剥がしてからのサイズ調整になります。

鼻緒部分がきつかったり、緩かったりしたまま履いていると、足にとってもよくありません。

早めにメンテナンスを依頼しましょう。

  • 鼻緒の調整 4000~5000円

 

サンダルストラップの補修

サンダルマンのサンダルストラップはレザー製のものが多くなっています。

直接足が擦れる箇所なので糸のほつれやレザーの傷みなどに注意しましょう。ほつれてしまった場合はリステッチ、レザーが弱ってきたら張り替えもしくは補強での修理がお薦めです。

  • 糸のほつれ(ストラップ) 3000円~
  • サンダルストラップ補強 4000円~

 

アメリカ カリフォルニアのサンダルマン。長く履くためにもメンテナンスはしっかりと行いましょう。

当サイトでは全ての修理に無料の再修理保証をつけています。修理後3ヶ月以内の不具合に関してはすべて無料にて再修理致します。安心してご依頼ください。

スニーカー修理に関する問い合わせはこちらからどうぞ

2分で完了! 見積もりのみでもOK