ラコステ lacoste Tag

ラコステのスニーカーと修理について キャンバスからレザーまである ラコステ(Lacoste)のスニーカー修理に ついてのご案内です。 とてもシンプルなデザインが多いラコステの スニーカー。毎日のように履かれてる方も 多いのではないでしょうか? スニーカーの修理は断られることも 多いのでこちらのページで修理依頼 方法について解説していきます。 ラコステのスニーカーはメンテナンス 次第でより長く愛用できます。 長く履くためにもしっかりとメンテナンス しましょう。 ラコステで多い修理と参考修理価格 それでは一番気になる修理料金と ラコステのスニーカーで多い修理 依頼内容についてみていきます。 靴底のいろいろな補修 ラコステのスニーカーは9割方の ものがカップソールという靴底の タイプになっています。 全体的に交換してしまうとデザインが 大幅に変わってしまうため、修理の際には 部分的に補修するのが一般的です。 まずはかかとのみが減ってしまった場合は かかとの斜め補修となります。 またソール全体が減ってしまった場合には リソールでの全体的な補修が可能です。 かかと斜め補修 2500~4500円 リソール 7000~9000円 ソールの剥がれ キャンバスアッパーのものは ソールサイドが縫っていないものが 多く、接着での修理依頼が多いです。 ソールが剥がれてしまったら部分接着 もしくは全体接着が可能です。 ソール再接着(部分) 2500~3500円 ソール再接着(全体) 3000~4500円 レザーアッパーの色補修(リカラー) ラコステのアッパーがレザーのものは 染色が可能です。色がはげてきたり 擦れてきたら染色がおすすめです。 アッパー染色 4000円~ アッパーの破れや糸ホツレ 意外と多いアッパーの破れや糸ホツレ の修理も可能です。状態によって修理 方法が変わります。 破れ補修(アッパー) 4000円~ その他ラコステの修理に関する お悩みは無料のメール見積もりを ご利用ください。 [action full_width='no'...