ヨネックス(YONEX)のウォーキングシューズ修理でお困りなら

ヨネックスのカジュアルシューズと修理について

ウォーキングやスポーツに人気のヨネックス(YONEX)のカジュアルシューズ修理についてのご案内です。

愛用されている方も多いことから1足は持っているという方もいるのではないでしょうか?

そんなヨネックスですが修理に関してどこに依頼すれば良いのかわからないといったご質問をよくいただきます。そういった場合にはこちらのページを参照ください。

ヨネックスのウォーキングシューズ等でよくある修理

それではヨネックスのカジュアルシューズはどういった修理が可能なのでしょうか?当サイトの修理いサンプルを参照に案内していきます。

ヨネックスにかぎらずウォーキングシューズやカジュアルシューズはスニーカーの作りと基本的な仕様は変わりません。

修理依頼先として一番オススメなのはスニーカー修理経験が豊富な修理店となります。

当サイトを含めオンラインで無料見積もり可能な店舗もありますので、まずはみつも入りを依頼しましょう。

それではヨネックスで一般的な4つの修理については下記を参照ください。

よく歩く方はかかとに注意!

ウォーキングで使用されている方はまめにかかとのすり減り具合をチェックしてください。

かかとが減りすぎているとウォーキングフォームにも影響が出るため、早め早めの対応がおすすめです。

  • かかと斜め補修 2500~3500円

 

補修材の色も数種類から選べるのでデザインをそれほど変更することなく修理できます。

ソールが滑りやすくなってきた場合

次にソールが滑りやすくなってきた場合の対処方法です。

一般的に滑りやすくなる原因にはソール全体のすり減りが考えられます。ですのでアウトソールの交換をすることで状態を緩和することが可能です。

  • アウトソール交換 7000~9000円

 

ヨネックスで多いファスナーのトラブル

ヨネックスのウォーキングシューズは甲ファスナーがついていることで、着脱がとても安易になっています。

しかしこのファスナーですが、長く使用しているとスライダーを上げても、閉まらないといった不具合が出ることがあります。

そういった場合にもファスナーの交換が可能なので、ご安心ください。

  • 甲ファスナー交換 4000~6000円

 

スリッポンタイプは甲ゴム交換!

ファスナータイプと同様にとても履きやすいスリッポンタイプ。壊れやすい箇所は甲ゴムと呼ばれる部分です。

この部分は歩行の際にも力がかかるため伸びてしまうことが多々あります。

そういった際には交換にて対応しましょう。

  • 甲ゴム交換 3000~5000円

 

当サイトでは全ての修理に無料の再修理保証をつけています。修理後3ヶ月以内の不具合に関してはすべて無料にて再修理致します。安心してご依頼ください。

スニーカー修理に関する問い合わせはこちらからどうぞ

2分で完了! 見積もりのみでもOK