バディ(Buddy)のスニーカー修理案内|修理料金・メニュー等

バディスニーカーが故障してしまった

購入店やメーカーでの修理は依頼できるの?

といった場合にはまずはこちらのページから。修理のプロが詳しく解説していきます。修理するかどうか悩まれている方は参照してみてください!

バディ(Buddy)は大阪のバッグ・シューズ製造元がプロデュースするファクトリーブランドです。日本製と言うこともあって、長く愛用できるスニーカーの一つです。

クッション性の高いインソールや形状がユニークなアウトソールにもバディ独特の特徴があります。

長く愛用したいバディが故障してしまったらまずは修理を検討してみてください。

 

バディのスニーカーを長く愛用するための修理案内

それでは当サイトにて依頼の多いスニーカー修理などについて紹介します。新調する前に修理メンテナンスも検討してください!

アッパーの破れ

バディのスニーカーアッパーは肉厚なベロアやスムースレザーを使用しています。実に頑丈に作られているので故障することは稀です。

しかし長く履いている場合には破れたり、傷んできたりすることもあるでしょう。そういった場合にはアッパー補修や破れ補修が可能です。万が一アッパーが破れてしまった場合にも補強にて修理が可能なので安心してください。

 

  • アッパー破れ補修 4000円~

 

ソールが剥がれてしまった場合

バディのスニーカーはソール剥がれを起こすことは稀です。これはソールがアッパーにステッチにて縫い付けていられるためです。

ステッチがほつれてしまった場合などにはリステッチにて再度ステッチを入れることが可能です。

 

  • ソール再接着 2500~4500円
  • リステッチ(サイドステッチ) 2000~3000円

 

かかとやソール関連の修理

ブランドを問わずスニーカーのソールは消耗品です。愛用している靴ほどソールのすり減りには注意する必要があります。

新品時にソールを補強してみたり、またすり減ってしまったソールを斜めに補修したりすることが可能です。

  • かかと補修 2500~3500円
  • ソール全体の補強 7000~9000円
  • ソール剥がれ補修 2000~4500円

 

汚れや色スレはクリーニング&染色にて

毎日履くスニーカーだからこそ汚れには気をつけてたいものです。1年以上履いているスニーカーはクリーニングを検討してみてください。

バディのヌバック系のスニーカーに関しては自宅での洗浄はおすすめできません。こればヌバックの色が薄くなってしまう可能性が高いためです。ヌバックやスウェードのレザーに関しては専門店にてクリーニングを依頼してください。

  • スニーカークリーニング 2000~2500円
  • アッパー染色 7,000円~

 

その他バディのスニーカーの修理でお困りならスニーカー修理の専門店スニーカーアトランダムにご相談ください。上記以外の修理やクリーニング、カスタムなども承ります。まずは無料のメール見積もりにてご相談ください。

当サイトでは全ての修理に無料の再修理保証をつけています。修理後3ヶ月以内の不具合に関してはすべて無料にて再修理致します。安心してご依頼ください。

スニーカー修理に関する問い合わせはこちらからどうぞ

2分で完了! 見積もりのみでもOK