洗濯機を使用したスニーカーの洗い方をプロが詳しく解説!自宅でスニーカークリーニングなら

最近はコインランドリーで洗える場所も増えてきたスニーカー。自宅で簡単に洗浄したいといった要望も多いのではないでしょうか?こちらのページでは自宅にて比較的かんたんに出来る洗濯機を使用したスニーカークリーニングについて紹介していきます。

洗濯機で洗浄しても大丈夫なの?」「汚れはどの程度落ちるのかしら?」といった疑問に答えていきましょう。

一部のスニーカーは洗濯機でのクリーニングは避けたほうがいいですが、一般的なものに関しては洗浄が可能です。それでは注意点を含めてスニーカーを自宅で洗う方法についてみていきましょう。

洗濯機でスニーカーを洗う際の流れ

まずは簡単に洗濯機での洗浄の流れを紹介しましょう。プロが実際にやっている流れを見ていきます。

  1. まずスニーカーの紐を外す
  2. 次にソールとアッパーをまず磨く
  3. 洗濯機にスニーカーを投入する
  4. 最後にしっかりと乾かす

基本的な流れは下記の4工程になります。スニーカーをキレイに洗浄するにはこの工程が必要です。次にそれぞれの工程について詳しく見ていきましょう。

1.紐を外して下準備

まずは紐を外します。意外と面倒で外さないで磨いている方も多いかと思いますがこの部分が仕上がりに影響するので紐は外してしまいましょう。

そのまま洗濯してしまうと靴自体の変形・歪みやシューループ・シュータンの汚れが落ちないことに繋がります。

またインソールに関しても外せるものは外してください。スニーカー内部に溜まったホコリなどが外すことでよりしっかりと取ることが可能です。

2.ソール・アッパーを手で洗浄する

洗濯機で洗うのに、事前に手作業で洗わないといけないの?」と思いますよね。そうです事前に手で洗浄しないとスニーカーの汚れはしっかりとは落ちません。

より詳しく説明するとブラシでしっかりと洗浄することで汚れが落ちやすくなり、それを洗濯機で洗浄することで更にきれいになると行った流れです。つまり洗濯機での洗浄はあくまで補佐的な役割と考えていいでしょう。

それでもやはり時間がないといった場合や面倒だなといった場合には、ブラシでの洗浄を省いてもいいかもしれません。汚れの落ちに関しては事前に洗浄した場合と比べてかなり見劣りするので注意が必要です。

クリーナーに関しては下記のリシューブネイターアドバンスドクリーナーをおすすめしています。後ほど紹介するスニーカー専用の洗剤と親和性が高いのでより高い親和性が望めます。当サイトでも取り扱いがあるのでご相談ください。

アドバンスドシューズクリーナー

リシューブネイターのクリーナー。ブラシで洗浄する場合に使用。2300円(税抜き)

一般に販売させれいるジェイソンマークなどのクリーナーを使用してもある程度の効果は期待できますので、試しながら使用してみてください。

また忘れずに靴紐、インソールも同時に洗浄してください。靴紐はクリーナーに浸して手もみする程度でいいでしょう。インソールは柔らかめのブラシで洗浄してください。ロゴが入っているものはロゴが消えやすいので注意が必要です。

3.洗濯機にスニーカーを入れる

ブラシでの洗浄が完了したら、実際にスニーカーを洗濯機に投入しましょう。

そのまま入れるのではなくスニーカーをネットに入れて洗浄します。靴紐についても一緒に入れてください。ネットに関しては100均などにて販売しているものでも大丈夫です。

スニーカーは複数足一緒に入れるのではなく、必ず1足つづ洗浄してください。一緒に3足ぐらい選択したいと思う気持ちもわかりますが、変形の原因になりやすいのでおすすめしません。

大きい洗濯槽だとだいぶ隙間が空いて、力が強い洗濯機だと洗濯槽の傷みに繋がります。そういった際には汚れていない雑巾などを一緒に入れるといいでしょう。

次に洗濯のモードなどについてです。洗濯のモードは優しめのものがベターです。力がかからないソフトなモードを選択してください。また水の温度が選択できる洗濯機も最近はあるようです。そういった場合にはお湯ではなく水にて洗浄してください。

洗剤は家庭用のものではなく必ずスニーカー専用のものを使用してください。家庭用のものを使用すると黄ばみや変色などの原因になりやすいです。

リシューブネイターのランドリー

スニーカー専用の洗濯用洗剤。2780円(税抜き)店頭と郵送にて販売中。

4.洗浄後の自然乾燥

最後の洗濯後の乾燥です。乾燥も仕上がりに大切な工程なのでしっかりと作業しましょう。
乾かす時は中にシューキーパーを入れてください。最近ではイケアや100均でプラスチック製のシューキーパーが売っているのでそちらが丁度いいです。シューキーパーを入れることでスニーカーの型崩れやシワなどを避けることが出来ます。ない場合はタオルでも代用できます。タオルをしっかりスニーカーの形が保てるように中に入れます。

自宅に木のシューキーパーがあっても使用は避けてください。これは木が水を吸ってしまい、カビなど原因になってしまうためです。

乾かす時間の目安は24時間です。時期と天気によって乾燥時間はやはり前後するので心配な場合はちょっと長めに乾燥させるのがいいでしょう。

風通りのいい場所にて自然乾燥させてください。直射日光は必ず避けるようにしてください。

自宅でスニーカーを洗う際の注意点

自宅でスニーカーを洗う際にはトラブルがとても起きやすいです。ちょっと心配だな、意外と面倒だなといった場合は専門店に依頼するのが無難かもしれません。自宅でスニーカーを洗濯する際には下記の注意事項をしっかりと守って自己責任にて行いましょう。

初めてスニーカーを洗う際の注意点

はじめての際が一番トラブルが起きやすいです。洗濯機の相性から設定まで一つ間違ってもいい結果は起こりません。

ですので初めて洗濯機にて洗浄する際には万が一問題が起こっても諦めのつくスニーカーから試してみてください。

ある程度経験が溜まってきたらお気に入りのスニーカー洗浄もやってみてもいいかもしれません。ちょっと心配な場合には専門店がいいでしょう。

どういった素材のスニーカーは避けるべきか?

素材によって洗濯を避けたほうがいいものもあります。またカスタムしているものなども注意が必要です。

◯洗濯を避けたほうが良いスニーカー

  • パテントレザー(合皮)
  • コンビ素材(レザーとナイロンなどのコンビ)
  • スウェード系の起毛素材
  • 劣化しているもの・劣化の可能性が高いもの
  • ソールシールドを貼っているスニーカー

スウェード系のスニーカーは洗濯自体は可能です。ですが洗濯後にスウェードが色落ちします。色補色が洗濯後に必要なので自宅での洗濯は避けたほうがいいでしょう。

ソールやアッパーが劣化しているものは絶対に洗濯はしないでください。劣化部分が更に広がり、最悪履けなくなってしまうこともあります。

その他ちょっと心配な場合は専門店に依頼するのがおすすめです。

 

自宅で困難な場合は専門店に依頼

自宅で選択するのが困難なスニーカーやハイブランドで注意が必要なスニーカーはプロに依頼するのが安心です。当サイトでは年間2000足以上クリーニングしている職人が丁寧にスニーカーを仕上げます。

またスニーカー修理も同時に依頼できるので便利です。

◯スニーカーアトランダム高円寺店

スニーカーアトランダム高円寺店舗の紹介です。スニーカーの修理やメンテナンスって意外と出来る店舗が少なくて困っている方も多いのではないでしょうか?高円寺店はそ...

その他スニーカーのクリーニングや修理でお困りならスニーカー修理の専門店スニーカーアトランダムにご相談ください。まずは無料のメール見積もりにてご相談ください。

当サイトでは全ての修理に無料の再修理保証をつけています。修理後3ヶ月以内の不具合に関してはすべて無料にて再修理致します。安心してご依頼ください。

スニーカークリーニング&修理に関する問い合わせはこちらからどうぞ

2分で完了! 見積もりのみでもOK