オルフィック(ORPHIC)のレザーサンダルやスニーカー修理専門店

オルフィックのスニーカーが汚れてきた

購入店やメーカーでのシューズ修理は依頼できるの?

といった場合にはまずはこちらのページから。修理のプロが詳しく解説していきます。修理するかどうか悩まれている方は参照してみてください!

オルフィック(ORPHIC)は2011年に始動した日本のシューズブランドです。レザーシューズとスニーカーをハイブリッドした特徴的なシューズをプロデュースしています。

長く愛用しているオルフィックのスニーカーが故障してしまったらまずは修理を検討しましょう。

オルフィックの修理依頼方法、修理メニュー

まずはオルフィックの修理依頼方法です。主に2通りの依頼方法があります。購入店で依頼するメーカー修理もしくはスニーカー修理専門店での修理です。

準正パーツでの修理を希望している場合には購入店にて修理を依頼してください。また購入してから3ヶ月以内に故障してしまった場合も購入店に相談してみるのがいいでしょう。

購入店などにてスニーカー修理を断られてしまった場合や、特殊な修理の場合には当サイトの様な専門店に修理を依頼しましょう。まずは無料見積もりを利用しましょう。

それでは早速オルフィックで依頼の多い修理について見ていきましょう。

レザースニーカーで多い修理

それではオルフィックで人気のレザースニーカーでおすすめの修理から見ていきましょう。

まずはサンダルストラップが傷んできた場合の修理です。ストラップの傷みは部分張替えもしくは補強にて修理します。完全に切れている場合でも修理は可能です。

次にオススメなのがソール剥がれ時の再接着です。スニーカータイプのソールがついているオルフィックはソール剥がれを起こすこともあります。そういった場合は再接着でしっかりと修理できます。

  • ストラップ部分張替え 6000円〜
  • ストラップ補強 5000円〜
  • 再接着 2500〜5000円

かかとやソールがすり減った場合の修理

オルフィックのレザーシューズのソールが減ってきても専門店なら修理することができます。

  • かかと補修 2500~3500円
  • ソール全体の補強 7000~9000円
  • ソール剥がれ補修 2000~4500円

汚れや色スレはクリーニング&染色にて

毎日履くスニーカーだからこそ汚れには気をつけてたいものです。1年以上履いているシューズやサンダルはクリーニングを検討してみてください。

またレザーサンダルやスニーカーの色落ちが気になる場合にはクリーニングと同時にレザー染色も依頼しましょう。

  • スニーカークリーニング 2000~2500円
  • アッパー染色 7,000円~

その他オルフィックのシューズの修理でお困りなら専門店スニーカーアトランダムにご相談ください。上記以外の修理やクリーニング、カスタムなども承ります。まずは無料のメール見積もりにてご相談ください。

当サイトでは全ての修理に無料の再修理保証をつけています。修理後3ヶ月以内の不具合に関してはすべて無料にて再修理致します。安心してご依頼ください。

スニーカー修理に関する問い合わせはこちらからどうぞ

2分で完了! 見積もりのみでもOK