最近はシュプリームとのコラボでも話題になったヴィトンのスニーカーと修理についてのご案内です。 ヴィトンのスニーカー修理に関する情報はネット上でもなかなか少ないので詳しく解説していきます。実際ヴィトンは近年スニーカーにかなり力を入れており、ラインナップも充実しています。メンズのスニーカータイプをリストアップしてみるだけでもいろいろあるのがわかります。 ローカットタイプ(ラインスニーカー) ハイカットタイプ ミュール ランニングシューズ サンダル ローファー タイプによって故障しやすい箇所や修理方法が異なります。ヴィトンのローカートスニーカーはカップソールが多いのでソール全体を補修するリソールが多いなどです。 修理依頼方法やメンテナンス それでは修理依頼方法についてスニーカー修理職人が解説していきます。 メーカーで修理依頼 購入店での修理見積もりは無料ですので相談してみてください。 修理の際の注意点は下記リストになります。 修理見積もりに2週間以上は通常かかる 並行輸入品はこ国内での保証が受けられない 場合が多い 購入証明書が必要な場合が多い 修理料金はヴィトンの場合とても高額になる スニーカーは修理自体が不可の場合が多い 修理を急いでない場合や修理予算に余裕がある場合はメーカー修理がベストです。 当店での修理依頼 ヴィトンの並行輸入品やメーカーでの修理を断られた場合はスニーカー修理専門店・スニーカーアトランダムでまず見積りを!受付は持込でも郵送でも可能です。 [blogcard url="https://sneaker-at-random.com/inquiry/"] 依頼の多い修理・料金 どういった不具合が多く、どのくらい修理料金がかかるのでしょうか。当サイトの修理内容を参考に紹介していきます。 ソールの修理 ヴィトンの通常の靴と同様にスニーカーに関してもソールは消耗品です。定期的に交換や補修をする必要があります。 [caption...