Y-3(ワイスリー)のスニーカーと修理についてのご案内

y-3 ロゴ

Y-3(ワイスリー)のスニーカーと修理についてのご案内

Y-3スニーカーと修理メンテナンスについて

オンライン上でも情報が少ないY-3の
スニーカー修理について、修理職人が
詳しく説明していきます。

アディダスの3本ラインとYohji Yamamotoの
「Y」をコラボして展開しているY-3。
常にアイコニックなデザインでほかの
スニーカーにはまねのできないスタイルを
確立しています。

ソール、アッパーともに特殊な形状や
素材が多く修理に関しても断られる
ことがとても多いブランドになっています。

それではY-3の修理にはどういったものが
多いのでしょうか?当サイトの修理依頼を
もとに修理について案内していきます。

Y-3のスニーカー修理について

街の修理店やメーカーにて断られた
修理に関しても対応可能な場合があります。

愛用のY-3をあきらめてしまう前に
下記を参照してみてください。

Y-3のスニーカーはアディダスのものを
ベースとしてデザイン、制作されています。
アディダスよりも凝った仕様が多いため
修理に関してもより慎重になる必要があります。

ソールが削れてしまった場合

観賞用のスニーカーでない限り
スニーカーのソールは削れるものです。

Y-3のスニーカーも例外ではないので
あまり削れ過ぎてしまう前にかかと補修
やソール全体の補修をしましょう。

かかとのみが削れてしまっている場合は
かかとの斜め補修がリーズナブルに
修理できます。

ソール全体が摩耗している場合は
リソール等の全体的な補修となります。

  • かかと斜め補修 3000~4000円
  • リソール 8000~10000円

 

ファスナー関連の修理

Y-3のスニーカーにはハイカットの
ものも多くファスナーが取り付け
られているデザインも多くなっています。

特に着脱の際に使用するファスナーに
関しては故障が多いので注意しましょう。

壊れてしまった場合には交換での
対応が可能です。

  • ファスナー交換 1か所 7000円~

 

ソールがはがれてしまった場合

ソールとアッパーが縫っていない
タイプのスニーカーは剥離の可能性が
あります。

ソールやアッパーが劣化してなければ
再接着にて修理ができますのでご安心ください。

スニーカー修理に関する問い合わせはこちらからどうぞ

2分で完了! 見積もりのみでもOK