スニーカーがはがれてしまった場合の修理について

スニーカーがはがれてしまった場合の修理について

愛用のスニーカーがはがれてしまった場合の
対処方法や修理依頼方法などについて修理
職人が詳しく説明していきます。

ジョーダンの接着

ジョーダンを分解した状態。この状態まで分解してから再度組み立てます。

 

スニーカーをあきらめて廃棄してしまう
前に一読ください。

ソールが剥がれしまったスニーカーはしっかりと修理できるの?

ソールがはがれてしまったスニーカーは
修理ができるのでしょうか?注意点が何
点かありますがほとんどのスニーカーは
再接着にて修理可能です。

接着の際の注意点は何点かあります。
修理を依頼する前に下記を参照してください。

  • ソールが劣化している場合は接着
    ではなく別の修理になる。
  • 一般の靴修理店では接着しても
    すぐにはがれてしまう場合がある。
  • しっかりと接着するために即日の修理が
    困難。

 

上記の3点に注意すればスニーカーの
ソールはがれはしっかりと修理できます。

スニーカーのソールは一部のタイプを除いて
アッパーとソールが縫い付けてありません。
つまりのりのみで圧着されているわけです。

パトリックの剥がれ

パトリックは剥がれることが比較的少ないスニーカーです。ソールは縫い付けられていないのがわかります。

 

スニーカーを圧着する時に使用される接着
剤はウレタン系のものが一般的です。ウレ
タン系の接着剤は接着力が非常に強いのです
が、時間経過によって少しずつ劣化していき
ます。

特に湿気や水気に弱く、雨に濡れた後にしっ
かりと乾かさなかったり、靴箱の中にしまっ
たままにしているとのりの劣化が早く進行
します。

それではソールがはがれたスニーカーの修理
はどこに依頼するのが良いのでしょうか?
注意点を含めて下記にて解説していきます。

ソールが劣化している場合

のりではなくソール(靴底)自体が劣化して
いる場合は注意が必要です。特にソール素材
がウレタン系の場合は劣化しやすいので注意
しましょう。

ニューバランスがこういった状態になっている場合は8割方ウレタンソール部が劣化しています。ミッドソール交換での修理になります。

ニューバランスがこういった状態になっている場合は8割方ウレタンソール部が劣化しています。ミッドソール交換での修理になります。

 
実際、ニューバランスは当サイトでの修理
依頼のナンバースリーに常時入るスニーカー
ブランドです。ミッドソール交換での修理に
ついては下記のページを参照してみてください。

ニューバランスの修理についてのご案内|年間修理件数400件以上
ソールがこうなった状態からでも修理可能です。 実はミッドソールの張替えにて修理が出来ます。ニューバランス修理のススメニューバランスの修理でおこまりならこちら...

実は劣化が進んでいるかどうかの判断は
経験豊富な職人でないとわからないことも
多いので、スニーカー修理専門店などに
見積もってもらうのが一番です。

ソールが劣化している場合は見た目だけでは
判断がつかないことも多くあります。そういっ
た場合はソールをある程度剥がしてから判断
します。

ソール劣化が見られ、接着での修理が困難な
場合は通常オールソールもしくはアウトソー
ル交換などの修理が可能です。こちらは別の
ページで解説しているので、そちらを参照くだ
さい。

ソールはがれの修理にはいくらかかるの?

当サイトの修理依頼をサンプルに再接着に
どの程度料金がかかるのかについて解説し
ます。

スニーカーのソール剥がれの修理方法
は主に2通りあります。

  1. 一度全体的に剥がしてから、再度
    接着する。
  2. 部分的にソールを再接着する。

 

ナイキのジョーダンやポンプフューリーなど
は1の修理になるケースがとても多く、ヴァ
ンズやコンバースなどは2の修理になる場合
が多いです。

ソール再接着の参考価格

  • エアジョーダン 4000~5000円
  • コンバース エラ 2000~4000円
  • アディダス カントリー 3000~5000円
  • リーボック ポンプフューリー 5000円
    *特殊なものは別途見積もり

 

注意が必要なスニーカーブランドやモデル

ナイキのエアフォースワンやアディダスの
スタンスミスはカップソールというタイプの
靴底を採用しています。

カップソール

ソールが縫い付けてあるので一度ステッチをはずす必要があるカップソールタイプ。

 

このタイプのスニーカーはソールのサイドと
アッパーが縫い付けてあります。縫い付けて
あるためはがれることは実際少ないのですが
はがれてしまった場合は注意が必要です。

修理の工程としてソールサイド部分のステッ
チを一度外してから再度接着します。それか
らステッチを入れる工程となり、通常より
手間がかかるため、料金も割高となります。

またソールサイドのステッチ色は黒もしくは
白となり、カラフルな色は選択できない場合
も多いので注意しましょう。

来店での修理ももちろん承っています。修理説明
をしっかりと受けたいといった場合は店舗来店
にてご相談ください。

スニーカー修理専門店舗のご案内
スニーカー年間修理実績2000足以上の専門店スニーカーの修理をしたい!と思っても修理の専門店は意外と少ないものです。実はスニーカーの修理は靴修理とは工程等が異な...

当サイトでは全ての修理に無料の再修理
保証をつけています。修理後3ヶ月以内の
不具合に関してはすべて無料にて再修理
致します。安心してご依頼ください。

 

スニーカー修理に関する問い合わせはこちらからどうぞ

2分で完了! 見積もりのみでもOK