スニーカー修理専門店

スニーカーが加水分解を起こしてしまった場合の修理について

加水分解の修理についてスニーカー修理職人が詳しく紹介していきます。

スニーカーの加水分解

こうなってしまった場合はご相談を。

スニーカーの加水分解修理についての詳しい情報は意外に少ないのでこの機会に詳しく説明していきます。加水分解を起こしたシューズやスニーカーを諦めてしまう前に、修理についても一度検討してみましょう。

下記のナイキの加水分解修理についての記事も合わせて参考にしてください。

ナイキのオールソール修理はお任せください
加水分解したエアマックス95を黒のソールにてオールソール。 上記の白バージョン。オールソールとは?スニーカー修理のオールソールとは靴底全体を交換する修理をいい...

加水分解とはどういった状態?

まずは加水分解とはどういった状態を指すのかについてです。スニーカーで起こる加水分解とは空気中の水分がスニーカーの素材に反応して起こる化学反応です。

スニーカーで加水分解を起こしやすい素材はウレタン合皮です。ソールにウレタンを使用しているモデルなどは、長年履いている場合には加水分解を起こします。

また加水分解はスニーカーやシューズだけではなくバッグでも起こります。バッグで起こる加水分解は主に合皮部分となっています。バッグの内装などによく使用されている合皮部分が劣化することで起こることが多いです。

ヴィトンやグッチのバッグ内袋がベトベトになった経験をお持ちの方も多いのではないのでしょうか?内袋のベトベトは合皮が加水分解を起こして劣化してしまった状態です。

バッグ内袋の加水分解

これも加水分解の一種です。

またスニーカーを接着しているのりも劣化します。久しぶりにスニーカーを履こうと思ったら、ソールがきれいに剥がれてしまったなんて場合はソールのりが加水分解を起こしたためです。最近のスニーカー製造で使用されているのりはウレタン系ののりです。履かずにいたり保存状態が悪いと劣化が早まりますので気をつけましょう。

加水分解したスニーカーは修理できるのか?

それでは加水分解したスニーカーはどういった修理できるのでしょうか?ソール自体が加水分解した場合とソールのりが加水分解した場合の修理方法は異なります。それぞれ紹介していきます。

ソールのりが劣化した場合の修理方法

ティンバーのソールのり劣化

ティンバーランのソールのりの加水分解です。ソール自体は生きているので、接着のみで修理可能。

ティンバーランド修理についての詳細は下記より。

ティンバーランドの靴底が剥がれてしまったら
ティンバーランドの修理についてティンバーランドの靴底が剥がれてしまった場合の修理ご案内です。修理経験豊富な職人が詳しく解説していきます。 ティンバーランドのソ...

ソールのりが劣化して場合は再接着での修理が可能です。のりが劣化しているだけですのでオリジナルのソールを一度きれいにしてからしっかりと接着します。

ソールのりのみの劣化は主にEVA系やゴム系の素材を使用しているブランドやモデルに多いです。例えばビズビム(VISVIM)、ポンプフューリーそれからティンバーランドなどです。いずれもソール自体が劣化していなければ、ソール再接着にて修理対応が可能です。

ソール自体が加水分解を起こしている場合

次にソール本体が劣化している場合です。こちらの場合は修理を断られることが多いので、修理できないと思われているかたも多いのではないでしょうか?

95の加水分解

エアーマックス95は加水分解を起こしやすいモデルの一つです。

ソール自体の劣化

ニューバランスで多いソールの劣化。写真のような状態になったらソールが加水分解しています。ミッドソールの張替えにて修理が可能。

主に一部のエアージョーダンやニューバランスなどに多いソール自体の加水分解も修理は可能です。注意点はオリジナルのソールデザインは変更になる点です。

ニューバランス加水分解アフター

ソールが加水分解した場合は、デザインが変わります。

P_20170301_161640_vHDR_On

エアマックス95オールソール黒

加水分解したエアマックス95を黒のソールにてオールソール。

95オールソール白

上記の白バージョン。

2通りの修理方法があります。ミッドソールのみの張り替えが可能なタイプとソール一式交換(オールソール)になるタイプです。

上記のニューバランスとエアーマックス95がオールソールになった場合の修理アフターです。オリジナルのアウトソールではなくビブラム製のソールがついています。

一部のジョーダンとニューバランスではミッドソールのみの交換ができる場合があります。そういった場合、オリジナルのアウトソールは再利用できます。

P_20170410_144109_vHDR_Auto

ジョーダン

ジョーダンのアウトソールを再利用したサンプル。ミッドソールのみ張り替えてあります。

加水分解したスニーカーを修理に出す際の参考料金

それでは気になる修理依頼の際の参考料金を紹介していきます。当サイトでの修理例を参考に紹介していきます。

  • ソールの再接着 両足 2500~5000円
    (ソールのりが劣化した場合)
  • ミッドソール交換 両足 7000~9000円
    (ミッドソール加水分解の場合)
  • オールソール 両足 12000~15000円
    (ソール全体が加水分解した場合)

 

その他特殊な修理については別途見積りが必要です。メーカーにて断られてしまった修理も相談ください。

加水分解を起こしやすいブランドやモデル

それでは最後に加水分解が比較的起こりやすく注意が必要なブランドとモデルです。保管の際には湿気や水気に気をつけてください。また出来る限り履いて上げることで、加水分解を避けることが可能です。それでも劣化してしまったら修理をご検討ください。

ソールが加水分解しやすいブランド

  • ルイヴィトン
  • エコー
  • ナイキ エアジョーダン
  • ニューバランス
  • ホーガン
  • MBTシューズ
  • コールハーン

 

ソールのりが加水分解しやすいブランド

  • ティンバーランド
  • ナイキ ジョーダンシリーズ
  • リーボック ポンプフューリー

修理を諦めた場合のスニーカー買取について

修理は高くなるから、諦めて廃棄する

と考えている方も、一度買い取りを検討してみてください。スニーカーアトランダムでは加水分解してしまったスニーカーをどこよりも高く買取いたします。

他店では値段がつかなかったスニーカーに関しても一度ご相談ください。買い取りの見積もりのみ依頼したい場合には無料のメール見積もりからご相談ください。

その他スニーカーの加水分解でお困りならまずはメールの無料見積もりをご利用ください。来店での修理ももちろん承っています。修理説明をしっかりと受けたいといった場合は店舗来店にてご相談ください。

スニーカー修理専門店舗のご案内
スニーカー年間修理実績2000足以上の専門店スニーカーの修理をしたい!と思っても修理の専門店は意外と少ないものです。実はスニーカーの修理は靴修理とは工程等が異な...

当サイトでは全ての修理に無料の再修理保証をつけています。修理後3ヶ月以内の不具合に関してはすべて無料にて再修理致します。安心してご依頼ください。

スニーカー修理に関する問い合わせはこちらからどうぞ

2分で完了! 見積もりのみでもOK